要点

Jio Platformsは2020年4月からの4ヵ月間で、同社は著名な投資家のリストから200億ドル以上の資金を調達した。Jioの目標は、インドの隅々まで想像できるあらゆる種類のデジタル製品やサービスを提供することだ。米系ビッグテックの力を借りて、Jioは成功を収めることができるかもしれない。


Jio Platformsはインドでは有名ですが、それ以外の国でもついに注目を浴びるようになりました。この生まれたばかりのテック企業は、新型コロナの嵐を乗り切っただけでなく、その嵐の中で成功を収めています。多くの企業が低迷する中で、2020年4月からの4ヵ月間で、同社は著名な投資家のリストから200億ドル以上の資金を調達しました。

Jioは4カ月間で、インドのスタートアップエコシステム全体が2019年に調達した資金を合計したよりも多くの資金を調達したことになります。

資金調達の連発は4月に始まり、フェイスブックが57億ドルを投資して巨額の10%の株式を取得しました。その後すぐに、プライベート・エクイティ企業の着実な流れがこの進出に加わりました。アブダビ投資庁、ムバダラ、サウジアラビアの公共投資ファンド(すべて中東主要国の政府系ファンド)も参入した。Jioの親会社であるリライアンスは、目標期日の9カ月前に無借金化を達成し、投資活動は終了したかのように見えました。

最近、このリストに加わったのは、7月15日に7.7%の株式を取得するために45億ドル以上を投資したグーグルです。これは、グーグルが今後5~7年の間にインドへの投資を約束した総額のほぼ半分に相当します。

業界の専門家は、マイクロソフトもすぐに資本参加するのではないかと推測していますが、同社はまだ正式に契約を明らかにしていません。しかし、インドでのAzureクラウド事業の拡大など、他の面ではすでにJioと提携を結んでいます。

Jio Platformsの企業価値は650億〜700億ドルのレンジにあると考えられています。Jio Platformsの企業価値は650億〜700億ドルのレンジにあると考えられています。これはリライアンスの「総帥」であるムケシュ・アンバニをアジアで「最も裕福な富豪」の地位まで引き上げました。

企業価値7兆円のJio Platformsは「第2のソフトバンク」か?
インド最大財閥が、通信事業と小売事業を新興国型デジタルプラットフォームである「スーパーアプリ」として融合する前代未聞の賭けに出た。Facebookや優良投資家が出資し、企業価値は7兆円。アジアで最も富裕な男ムケシュ・アンバニはインドのテック業界で勝者総取りを実現するか。

リライアンスとは、その規模は?

リライアンス・インダストリーズは、売上高、利益、時価総額、輸出額でインド最大の企業ですが、これらの統計だけではその重要性を十分に説明することはできません。

1957年にディルバイ・アンバニによって小さな繊維メーカーとして設立されたリライアンスは、小売、デジタルサービス、メディア、エンターテイメント、石油化学、石油精製、石油探査などの分野で事業を展開しており、「コングロマリット」という言葉の縮図のような企業に成長しました。各セグメントはさらに拡大し、インドの経済状況を支配する無数の事業を展開しています。

例えば、リライアンスの小売部門は、11,000を超える小売店と、家電製品(リライアンス・デジタル)、ファッション&ライフスタイル(リライアンス・トレンド)、食料品(リライアンス・フレッシュ)の複数のブランドで構成されています。アマゾンは、この最後のセグメントの10%の株式を取得しようとしています。この取引が成立すれば、ビッグ5のテック企業がそれぞれ、若き日のJioにある程度の株式を保有することになります。

リライアンスは、2005年にディルバイ・アンバニの息子たちの間で確執があったにもかかわらず、アナリストの予想を上回る業績を上げ続けています。あまり知られていないが、経営不振に陥っているリライアンスグループの半分はアニル・アンバニが経営しており、今注目のリライアンス・インダストリーズは兄であり、アジアで最も裕福な人物であるムケシュ・アンバニが経営しています。

歴史的に、石油精製と石油化学事業は、リライアンスのコングロマリットの中で最も収益性の高い部門でしたが、「データが新しい石油」となった今、Jioは同社の至宝となっています。

リライアンスの最新の財務統計では、同社のデジタルサービスがEBITDAで従来のキャッシュカウに追いついていることが示されています。Source: Reliance

Jio Platformsとは?

2019年10月にリライアンスが運営するすべてのテクノロジー事業を統合するために、Jio Platforms Limitedが設立されました。2020年3月には、リライアンスがJio Platformsの100%を所有していました。現在は慌ただしい投資の末、リライアンスが67%を所有しているのに対し、外国人投資家は3分の1を所有しています。

Jio Platformsの最大の子会社であり、その名前の由来となっている会社は、Jio Infocomm Limited(前Reliance Jio)です。Jio Infocommは2016年、顧客に6ヶ月間、無制限の4Gデータと通話を無料で提供することで、通信分野で大きな話題を呼びました。同社はこの方法で数百万人のユーザーを誘い込むことができたが、多くの人は当初、このモデルの持続可能性を疑問視しました。

しかし最終的に、この超攻撃的な戦略は実を結んだ。Jioは、カバレッジを提供し、高速データ通信を提供し、競合他社の追随を許さない価格を設定することで、これらのユーザーを有料顧客に転換させることに成功しました。

リライアンスは4年の間に、他の事業から330億ドル以上の資金を投入してJioの市場を拡大しました。リライアンスは、加入者数3億8750万人、市場シェア33.4%を誇る国内最大の通信事業者に成長しました。これは米国の全人口よりもユーザー数が多い。

Jioの最も近いライバルであるAirtelの市場シェアは28.3%で、Jio以前にインド最大の通信事業者2社を合併して誕生したVodafone Ideaは27.5%で、そのすぐ後ろに続いている。最新のデータによると、Jioの市場シェア獲得は一向に止まる気配がない。

また、Jioの圧倒的な料金の安さは、競合他社の価格を劇的に低下させています。当然のことながら、これらの企業はJioの登場以来、財政的に苦しい状況にあります。実際、エアセル(Aircel)やタタ・コミュニケーションズ(Tata Communications)のような有名企業の多くは、アンバーニの弟が所有する通信ネットワーク、リライアンス・コミュニケーションズ(Reliance Communications)を含め、市場からの撤退を余儀なくされています。

莫大な財務上の影響はともかく、Jioは、数千万人のインド人を初めてオンラインにした会社として歴史に名を残すことになるだろう。そしてそれは、世界で最も安いデータプランで、1GBあたりわずか0.26ドルというコストで実現しました。

Jioがこのような格安料金を実現できたのは、旧来の携帯電話規格と比較して4Gの優位性とコスト効率の高さを利用して、インド全土で4Gライセンスを獲得した唯一の企業を買収したことと、親会社の他に類を見ない規模とリソースのおかげです。

Jio Platformsは単なる通信事業者ではない

ここ数年で、Jioはデジタル領域で従来の通信事業者やその他の企業が提供するものをはるかに超える製品やサービスを提供するまでに成長しました。

Jioが商品やサービスを拡大した事業ドメイン一覧 Source: Reliance

同社はLYFというブランドでベーシックなスマートフォンを発売し、後にJioPhoneというブランドで4Gネットワークに対応したスマートフォンを発売した。同社は頻繁に携帯電話の価格を数ドルに引き下げており、魅力的なエントリーレベルの選択肢となっています。この電話機は「スマートフィーチャーフォン」というスマートフォンとフィーチャーフォンの中間の機能を有している。搭載するOSはMozila財団が開発していたモバイルOSのフォークであるKaiOSです。

スマートフィーチャーフォン インドとアフリカで普及する最低機能の携帯電話
「スマートフィーチャーフォン」がインドやアフリカで大きな成功を収めている。安い電話と低い処理能力でも動作するソフトウェアの組み合わせは、世界中でインターネットユーザーを増やしている。
Kai OS インドとアフリカの携帯電話でオープンソースソフトウェア
KaiOSは、米国のKai OS Technologiesが開発したLinuxベースのモバイルOSである。2016年にMozillaによって廃止されたFirefox OSのオープンソース・コミュニティ主導のフォークであるB2G OS(Boot to Gecko OS)からのフォークである。4G通信を受け入れる従来型携帯電話である「スマートフィーチャーフォン」向けに作られたモバイルOSだ。
JioPhone Image by KaiOS.

超高速ブロードバンドにテレビや電話サービスをバンドルしたJioFiber構想も、非常に手頃な価格で提供されています。音楽ストリーミング・プラットフォーム「JioSaavn」、Android向けウェブブラウザ「JioBrowser」、メッセージングアプリ「JioChat」、決済アプリ「JioMoney」、メディアストリーミングアプリ「JioTV」、ビデオ会議アプリ「JioMeet」、ニュースアプリ「JioNews」、クラウドストレージサービス「JioCloud」、映画ストリーミングアプリ「JioCinema」、健康サービスアプリ「JioHealthHub」など、Jioはモバイルアプリの種類を増やし続けています。他にも数十個のアプリがあります。

Jioのモバイルアプリやサービスの一部。Source: Reliance

これらのアプリは、Jioの携帯電話やパートナー企業が作ったスマートフォンにデフォルトでインストールされています。それらのほとんどは無料で提供されているか、JioPrimeの格安サブスクリプションの一部として提供されているが、貴重なデータ収集や広告収入源となっており、将来的にはサブスクリプションを通じて巨額の収入を得る可能性を秘めています。

Jioが取引で得るもの

インドの人口の半分近く(6億人以上)は、いまだにスマートフォンを所有しておらず、インターネットにもアクセスしていません。Jioの目標は、この数百万人にリーチし、Jioの携帯電話を使ってJioのネットワークに接続し、その顧客がJioが提供するアプリやサービスを使ってデジタルライフのあらゆる面で行動できるような、何億人もの顧客を持つ会社を作ることです。

Jioは、Googleとのパートナーシップを活用して、Androidベースの4Gと5Gスマートフォンを、完璧なエントリーレベルの携帯電話にする魅力的な価格で作ることを望んでいます。これは、インドで反中国の感情が高まる中、Xiaomi, Vivo, Oppo, OnePlus, とRealmeのようなスマホ市場の大半を支配する中国企業との競争に役立ちます。中国との緊張が走る中、リライアンスは明らかに国粋主義的な傾向を最大限に利用するために自分自身を位置づけていると考えられます。

また、Jioは、インドの数百万人の商人や企業にOffice 365製品やAzureクラウドプラットフォームなどのサービスを提供するために、もう一つのテック大手であるマイクロソフトと提携しています。

一方、Jioは最近、インドの新興AR/VR/MRの分野での早期参入を目指して、マイクロソフトのHololensに似た製品であるJioGlassを発表しました。JioGlassを使えば、没入型のビデオ通話、インタラクティブなプレゼンテーションの共有、ホログラフィックな授業を行うことができます。

リライアンスは、第43回年次総会(AGM)において、新しい複合現実感ソリューション「Jio Glass」を発表しました。Image by Reliace

Jioはまた、Embibeプラットフォームを通じて、バーチャル教室をより豊かでパーソナライズされた体験に変えていきたいと考えています。JioGlassもEmbibeも、仕事や学校が完全にオンライン化され、そのプロセスをよりシンプルで簡単にする製品やツールに対するアンメット需要がある時期に登場しました。

Jioは、Netflix、Hotstar、Amazonプライムなどのトップストリーミングプラットフォームを1つのデバイスに1つのログインで集約する新しいJioTV+の提供をリリースしています。これは、Apple TVのようなもので、わずかなコストで提供されます。

アプリや電話との前方統合に加えて、Jioは、次世代の携帯電話規格である5Gのために独自のバックボーンを構築していることを発表し、早ければ来年早々にインドでの展開を開始したいと考えています。現在、5G機器のトップメーカーはHuaweiである。しかし、米国と英国がHuaweiに禁止措置を課したが、競合他社がHuaweiの高度な技術や手頃な価格に太刀打ちできず、5G展開の進展が滞っています。

インテルやクアルコムとの提携により、Jioはこの分野で貴重な技術的専門知識を得ることになるでしょう。Jioは、通信事業者であると同時にメーカーでもあるため、NokiaやEricssonのような他の5G機器メーカーにはない、5G技術を証明するためのユニークな立場にあります。

Jioの次なる展開

おそらく、Jioの最大の展望は、新たに設立された電子商取引と電子食料品のベンチャー企業であるJioMartにある。インドの小売活動の90%は現在、オフラインで行われていると言われています。JioMart は、Amazon、Walmart、Flipkart、Alibaba が出資するBig Basketのような老舗のライバルを相手に、既存の小売店舗とオンラインの顧客を結びつける戦略で、指数関数的に成長するインドの e コマース市場に参入したいと考えています。

この戦略を実行するために、Jio PlatformsはFacebookが所有する WhatsAppとの提携を利用しようとしています。4億人のインド人ユーザーがJioMartで注文し、WhatsAppで支払うことができるショッピング機能を統合したいと考えています。このようなリーチと利便性の組み合わせは、他の電子商取引の小売業者にはないものです。Jioは、この機能の最初の試験的な実行は、期待以上のものだったと主張しています。もし成功すれば、WhatsAppはテンセントのスーパーアプリWeChatに匹敵する存在になるかもしれません。

Jioの前途にある未来は、その650億ドルの企業価値によく反映されています。最近の投資の後、同社の企業価値は、リライアンスの他の事業を合計したものよりもわずかに低い。リライアンスは、今後5年以内に1000億ドルの評価額で国内外の証券取引所にJioをデビューさせると予想されています。

欧米市場が飽和状態にある中、次の10億人(The Next Billion Users)インターネットユーザーはインドにいます。投資家はこのチャンスを明確に捉えていますが、投資家がインドに進出する理由は、Jioの市場シェアや将来性だけではなく、リライアンスやアンバニ家が与党政府と密接な関係を持っているため、インドを悩ませる官僚的な官僚主義的な手続きから逃れることができるからだと考えています。

"The Next Billion Users: Digital Life Beyond the West" by Payal Arora

投資の大部分は、リライアンスがこの贅沢なプロジェクトや他の事業に資金を提供するために蓄積した既存の負債の返済に充てられるが、その大部分はJioが上記のような製品やサービスを提供するための資金調達を支援するために使われます。Jioは、必ずしもこれらすべてを自社で構築することを望んでいるわけではなく、買収や新興企業への資金提供にも応じている。注目すべき買収には、音楽プラットフォームのSaavn、ed-techプラットフォームのEmbibe、AIプラットフォームのHaptik、通信機器会社のRadisys、ドローン会社のAsteria、AR/VR会社のTesseractなどがあります。

Jioの目標は、インドの隅々まで想像できるあらゆる種類のデジタル製品やサービスを提供することです。米系ビッグテックの力を借りて、Jioは成功を収めることができるかもしれません。

Photo: "Preparing for the Fourth Industrial Revolution"by World Economic Forum is licensed under CC BY-NC-SA 2.0