サムスンとSKハイニックスは、トランプ政権がファーウェイへの制裁を強化していることから、ファーウェイへの部品販売を停止すると報じられている。朝鮮日報などによると、両社は9月15日に取引を停止し、新たなルールでファーウェイとの取引を制限するという。

これらの制裁は、昨年から実施された一連の他の制限に続いて、8月に導入された。この制裁は、米国以外の企業が米国の技術で開発された部品を販売することを禁止するもので、これらの企業が特別な承認を得ない限り、米国の技術で開発された部品を販売することを禁止している。

これは、Kirinチップセットの製造ができなくなる可能性があるとしているファーウェイに深刻な脅威を与えている。逆に言えば、最近ではスマートフォンの販売で世界首位になったファーウェイのビジネスは他の多くの企業にとって貴重なものだ。台湾のチップメーカーTSMCは、以前から制限を設けていたファーウェイへの販売を今年5月に停止したと報じられている。ファーウェイはこれらの規則を「恣意的で悪質なもの」と呼んだ。

中国政府は、ファーウェイの代替サプライヤーとして提供されているSMICと呼ばれる国内の半導体会社に資金を提供している。しかし、トランプ政権はSMICに対する制裁も脅しており、中国外務省は米国の「露骨な覇権主義」を非難している。ファーウェイは、米国のチップメーカーであるQualcommが制限を解除してファーウェイに販売できるようにするようトランプ政権に働きかけたと報じられているが、ファーウェイは自社の携帯電話の部品を調達する選択肢が少なくなってきている。

米国政府は、華為技術のインフラが国家安全保障上の脅威となり、華為技術が企業秘密の窃盗や対イラン制裁に違反していると主張している。これは中国とトランプ政権の間のより大きな貿易戦争の一部であり、最近ではTikTokやWeChatのようなソーシャルメディアサービスに焦点が当てられている。しかし、ファーウェイの禁止措置はますます制限的になっており、スマートフォンやチップ市場の形を変える可能性がある。

Photo by Samsung