public

スーパースター効果 世界経済を席巻する企業、セクター、都市のダイナミクス

同業他社よりも実質的に大きな収益シェアを持ち、時間の経過とともにそれらの同業他社を引き離している「スーパースター」の企業、セクター、または都市が世界経済を席巻しています。

5 months ago

Latest Post 欧州サッカークラブのAI活用が活発化 by Takushi Yoshida public

「スーパースター効果」の起源は、シカゴ大学教授のSherwin Rosenが1981年に提唱した「スーパースターの経済学」でした。近年、非常に大規模なグローバル企業の急速な成長に対応して、「スーパースター効果」についての議論が増えています。しかし、「スーパースター効果」への疑問は依然として残っており、証拠の多くは決定的でなく不完全なものです。

このブログでは、この「スーパースター効果」について、McKinsey Global Institute(MGI)が検証したディスカッション・ペーパー"Superstars: The dynamics of firms, sectors, and cities leading the global economy greater skilled labor"(スーパースター:世界経済をリードする企業、セクター、都市のダイナミクスが、熟練労働力とイノベーションを引き寄せる)をまとめます。

スーパースターとは、同業他社よりも実質的に大きな収益シェアを持ち、時間の経過とともにそれらの同業他社を引き離している企業セクター、または都市、とMGIは定義します。スーパースターであることを確認するための指標は、企業の場合、収益規模、市場シェア、生産性の成長ではなく、経済的利益に焦点を当てています。他の指標は、単に大規模で経済的価値を生み出さない企業を含むリスクがあるためです。セクターの場合、さまざまな種類の活動に起因する粗付加価値と剰余金を主要な指標に採用しました。都市の場合、尺度にはGDPおよび1人当たりの個人所得が含まれます。

スーパースターはいくつかの特徴を共有しています。より多くの収入を獲得し、群を抜いていることに加えて、スーパースターは比較的高いレベルのデジタル化、熟練労働力の囲い込み、著しいイノベーションを達成しています。加えて、貿易、金融、サービスの世界的な流れに対して、より多くの接続をもち、より多くの無形資産を保持しています。

しかし、スーパースターにはいくつかの類型があります。都市と比較して、スーパースター企業は地位を失う可能性は高く、スーパースター都市の方が持続性が高いのです。

スーパースター企業

MGIは、年間収益が10億ドルを超える6,000近い世界最大の公的企業と民間企業を分析しました。これらの企業は、世界の税引前利益に支払利息、減価償却費を加えて算出される利益(EBTDA)と収益の3分の2を占めています。企業のスーパースターダイナミクスを分析するために、私たちの測定基準は経済的利益であり、機会費用を超えた企業の利益の尺度です。 (これを行うには、企業の利益を取り、資本コストを差し引き、企業の総投資額を掛けます。)これらのその他の指標は企業を含むリスクがあるため、収益規模、市場シェア、生産性の成長ではなく経済利益に焦点を当てます。それらの指標は単純に大きく、実際には経済的価値を生み出さない可能性があります。大きな規模で高い利益率を達成し、他者の追随を許さないのなら、利益はスーパースターであることを測りうる明確な尺度と考えているのです。

分析の結果、過去20年間で、スーパースター企業と中央値の企業の間、さらに下位10パーセントと中央値の企業の格差は拡大していることがわかりました。今日のスーパースター企業は、20年前のスーパースター企業よりも平均で1.6倍の経済的利益があります。今日の下位10パーセント企業は、20年前の平均的な経済的損失の1.5倍の損失を抱えており、その5分の1(シェアの増加)は、負債に対する利子の支払いを維持するのに十分な税引前利益を生み出すことができていません。したがって、分布の上端での経済的利益の成長は、成長し、ますます持続する経済的損失は下端に対して反映されることが起きている可能性があります。つまり、企業固有のダイナミクスに加えて、より広範なマクロ経済ダイナミクスが機能している可能性があることを示唆しています。分布の上端にいるというわけで継続的に大きな利得を得ることができ、その逆も然りです。

スーパースター企業は多様であり、時間の経過とともにますます増えています。彼らはすべてのセクターと地域から来ており、世界的な銀行と製造業者、伝統的な欧米の消費者ブランド、急成長している米国と中国のハイテク企業が含まれています。経済的利益の上位10パーセントおよび上位1パーセントの企業のセクターおよび地理的多様性は、20年前よりも大きくなっています。MGIの分析では、575のスーパースター企業の存在を認めていますが、それらには、時価総額による世界上位500の最大企業のうち315、世界500の最も価値のあるブランドの230、世界500の最高の雇用者(従業員による評価) の188、および世界100の最も革新的な企業のうち53社が含まれています。

スーパースターセクター

セクターについては、すべての民間セクターの事業所を含む世界経済の24セクターを分析します。総付加価値と総営業利益の70%が過去20年間にほんの一握りのセクターで発生していることがわかります。これは、利益がより広範なセクターに分散していた過去数十年とは対照的です。スーパースター効果は企業ほど強くはありませんが、過去20年間にスーパースターセクターとして認識されているのは、金融、コンサルティング、不動産、および2つの小規模なカテゴリです。加えて、急速に成長しているセクターは、医薬品と医療製品、インターネット、メディア、ソフトウェアです。

今日のスーパースターセクターは、他のセクターよりも少ない固定資本と労働投入量、他のセクターよりも多い無形投資、より高いレベルのデジタル化と保守性の高い事業許認可の1つ以上の属性を保持しています。不動産を除き、スーパースターセクターは、G-20諸国で収入の割合が減少しているセクターよりも2〜3倍は技能集約型です。さらに、スーパースター部門は、他の部門よりも比較的高いR&D集約度と低い資本および労働集約度を持つ傾向があります。スーパースターセクターの高いリターンは、労働力ではなく企業の余剰により多く生じ、ソフトウェア、特許、ブランドなどの無形資本に流れ込みます。一部のスーパースターセクターは、低迷するセクターよりも経済成長に対し強力な乗数効果を持っていますが、それらの利益は、相対的に減少しているセクターに比べて地理的に集中しています。たとえば、インターネット、メディア、およびソフトウェアの活動による利益は、そのセクターの生産の90%を占める米国の郡のわずか10%によって補足されるのです。

スーパースター都市

都市については、世界のGDPの67%を占める、少なくとも人口15万人およびGDP(購買力平価に調整済み)1億2500万ドルを有する世界最大の都市の3,000を分析しました。ボストン、フランクフルト、ロンドン、マニラ、メキシコシティ、ムンバイ、ニューヨーク、シドニー、サンパウロ、天津、武漢など、50の都市は定義上スーパースターです。50の都市は世界人口の8%を占めており、世界のGDPの21%、都市の高所得世帯の37%、および年間収益が10億ドルを超える企業の本社の45%。これらの都市の一人当たりの平均GDPは、同じ地域の平均的な所得グループのそれよりも45%高く、過去10年間で格差は拡大しています。

過去10年間で、新興市場のスーパースター都市は世界のGDPへの貢献度を30〜40%増加させ、先進経済のスーパースター都市は世界のGDPのシェアを20〜30%増加させました。 過去10年間、ローマ、サンディエゴ、ウィーンなどの一部の先進経済都市が、 同じ地域および所得グループの同業者と比較した所得および人口増加を達成する、ジャカルタ、クアラルンプール、ニューデリーなどの新興市場都市に追いやられ、スーパースター都市の非継続率は25%に達しました。スーパースター都市の成長は、労働所得と、不動産および投資家の収入から富の増加に支えられていますが、多くのスーパースター都市では、他の都市よりも都市内の所得の不平等が高まっています。

スーパースター都市は、経済規模と収入に加えていくつかの特徴を共有しています。 50のスーパースター都市のうち、31は世界で最も統合された都市、27は世界で最も革新的な50都市、26は世界のトップ50の金融センター、23は世界の50の「最もスマートな」都市の1つです。 22は国および地域の首都であり、22は世界最大のコンテナ港のひとつです。

企業、セクター、都市の間の結びつき

MGIは、企業、セクター、都市間のつながりを発見しました。これらはスーパースターの地位を強化する「スーパースターのエコシステム」として働いている可能性があります。たとえば、スーパースターセクターは労働よりも主に企業の資本余剰を生み出し、資産管理活動と高所得世帯が集積するスーパースター都市に地理的な富の集中の影響をもたらします。スーパースターセクターからの労働者利益は多くの場合、スーパースター都市に集中しており、主にスキルの高い労働者に発生します。

しかし、依然として疑問は残るようです。たとえば、あるスーパースターセクターはなぜスーパースター企業を生み出し、他のセクターは生み出さないのですか? 衰退しているセクターのスーパースター企業を説明するものは何ですか? 一部のスーパースターセクターと企業は、デジタル集約度が低く、R&D集約度が低い、または国境を越えた貿易および投資活動のレベルが低いにもかかわらず、成長しているのはなぜですか?

少なくとも、デジタル化が主要因で生まれた、スーパースターの企業、セクター、都市と、そうではなく他の要因で集中が発生したスーパースターの二通りがありそうです。今後はグローバル化やデジタル化がどのようにスーパースター効果と関係しているかを調べる必要性が生じているように見えます。

参考文献

James Manyika, Sree Ramaswamy, Jacques Bughin, Jonathan Woetzel, Michael Birshan, and Zubin Nagpal. ‘Superstars’: The dynamics of firms, sectors, and cities leading the global economy. October 2018. McKinsey Global Instiitute.

"Venezia69 DSC_6673"by brixton21 is licensed under CC BY-NC-ND 2.0

Takushi Yoshida

Published 5 months ago