DX

現在は、このような「ICTの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させるデジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)」が進みつつある時代にあるといえる。この変化は段階を経て社会に浸透し、大きな影響を及ぼすこととなる。

吉田拓史
無料会員 公開

シンガポール政府のエンジニア組織 Gov Tech が推進する高度な DX Axion Podcast #52

昨年末、日本のデジタル庁が民間から500名採用すると発表して話題になりましたが、Gov Tech Singaporeはこのデジタル庁にあたる組織です。2014年頃には存在していて、シンガポールの内閣府直轄組織としてSmart Nationと呼ばれる内閣直轄プロジェクトの推進を行っています。

吉田拓史
無料会員 公開

マイクロソフトとOpenAI、AIによる輸出規制のDXを提案

マイクロソフトとAI研究所のOpenAIは10日、「デジタルに変換された」輸出管理システムがどのように機能するか、そしてそれが提供しうる利益を説明した文書を米国政府に提出した。両団体は、ソフトウェア、AIを全活用するソリューションは、ユーザーに商業的な利益をもたらすだけでなく、基盤技術の米国輸出を管理するためのより強力な方法を提供できると提案している。

吉田拓史
無料会員 公開

デジタルツインの活用法とは

デジタル・ツインとは、物理的なデバイスの仮想的な複製であり、データサイエンティストやIT担当者は、実際のものを構築して展開する前にシミュレーションを実行することができる。IoTセンサーの爆発的増加のおかげで、その応用分野は製造業からヘルスケア、都市計画と幅広くなってきている。

吉田拓史
無料会員 公開

デジタルスキルの欠如はDXの障害になる

もともとグローバル企業の経営方針の中で、DXは高い優先順位を誇っていた。それが新型コロナの感染拡大により、その実践の要求が高まっている。スキルニーズのシフトはすでに課題となっていたが、パンデミックの発症以来、58%以上の従業員がスキルの変化を報告。必要なスキルを特定し、それらを習得する方法を優先する必要がある。

吉田拓史
無料会員 公開

DXの真のカギを握るのは人と文化である

デジタルトランスフォーメーション(DX)に必要なのは、テクノロジーそれ自体ではなく、デジタル組織の力学と仕事の進め方の変化。これらを許容する文化をどう育むかが成否を分ける。適切なデジタル技術の導入だけに焦点を当てても成功にはつながらない。

吉田拓史
無料会員 公開

二刀流の経営 新規市場と既存事業のジレンマ

二刀流の経営は、すでに開拓した事業領域を深化させていくのか、それとも、他の事業領域を探索するのか、リソースの配分がその企業の将来の報酬を決定づける状況に根ざしています。探索と活用を同時に進める「両利き」が最善策です。