コロナ禍でゲームが絶好調 テンセントQ2

テンセントは12日、2020年第2四半期の決算を発表した。事前の予測を上回る結果で、広告事業のいくつかの弱点を見せながらゲームは全体的な収益を後押しした。収益は1148億8000万元(165億3000万ドル)で、予想の1127億2000万元を超えた。前年同期比29%増で、2018年第2四半期以来の最速の伸び。

コロナ禍でゲームが絶好調  テンセントQ2

テンセントは12日、2020年第2四半期の決算を発表した。事前の予測を上回る結果で、広告事業のいくつかの弱点を見せながらゲームは全体的な収益を後押しした。

収益は1148億8000万元(165億3000万ドル)で、予想の1127億2000万元を超えた。前年同期比29%増で、2018年第2四半期以来の最速の伸び。

株主に帰属する利益。予想の271.6億元に対して331.0億元。前年同期37%増だった。

絶好調のゲーム

テンセントの最重要事業の一つであるオンラインゲームの収益は、前年同期比40%増の382.9億元となった。これは2020年の第1四半期に見られたよりも速い成長だった。中国商人証券のアナリストは、テンセントがオンラインゲームの収益で416億元を引っ張ると予想している。

テンセントのゲーム部門は、中国やそれ以外の地域でロックダウン中に自宅で立ち往生している間、人々はが普段よりもゲームに時間を割くようになったことに後押しを受けた。テンセントはその際に、今後はゲーム内消費が正常化すると予想していると警告している。

オンラインゲーム部門では、PCゲームの売上が減少したものの、「ピースキーパー エリート」や「オナーオブキングス」などのモバイルゲームが貢献し、売上を伸ばしました。スマートフォン向けゲームの売上高は359.9億元(前年同期比62%増)となった。PCゲームの売上は前年同期比6%以上の減少となった。

「中国では、スマートフォンゲームに費やされたユーザーの時間は前年同期比で増加したが、季節性とバック・トゥ・オフィスの行動のために前四半期比で減少した」とTencentは決算発表の中で述べている。

「国際的には、当社のMAU(月間アクティブユーザー数)が前年同期比および前四半期比で大幅に増加したが、これは新しいゲームの発売と、在宅期間に費やしたユーザー時間の増加によるものだ」。

広告が軟調

オンラインゲームが収益の約3分の1を占めているが、テンセントは他にもいくつかの急成長事業を持っている。

ソーシャルネットワークの収益は、テンセントが出資している生放送サービス「Huya」や音楽配信サービスなどのデジタルコンテンツサービスの収益貢献により、前年同期比29%増の267.1億元となった。

フィンテック・ビジネスサービス部門の収益は298.6億元で、前年同期比30%増と前四半期を上回る伸び率となった。しかし、これはRefinitivのコンセンサス予想である306.1億元を下回った。この事業には、WeChat Payのようなテンセントの金融技術製品の一部と、新興のクラウドコンピューティングセグメントが含まれている。

中国のテクノロジー大手は、売上高の伸びは「ウェルスマネジメントからの1日平均取引額と1取引あたりの金額が増加したことに加え、パブリッククラウドの消費拡大に伴うクラウドサービスからの売上高の増加 」によるものだとしている。

一方、オンライン広告収入は、Refinitivのコンセンサス予想による20.27億元の予想に対して185.5億元と下回り、の前年同期比13%の増加となった。この成長率も、2019年第1四半期に見られた前年同期比32%の上昇よりも遅かった。

広告収入は、メディア広告収入の25%の急落によって引きずられた。これは、同社のストリーミングサービス「テンセントビデオ」の広告に関連している。

「この減少は主に、厳しいマクロ環境の中でブランド広告需要が低迷した結果、テンセントビデオの広告収入が減少したことに加え、コンテンツの制作やリリースが遅れたことによって引き起こされた」とテンセントは述べている。

大統領令のWeChatへの影響

先週、トランプ氏はWeChatに関連した米国内の取引を禁止する行政命令を出した。その裁定の範囲は現時点では不明。

テンセントの幹部は決算会見で、トランプ氏の執行命令は米国内のWeChatに焦点を当てたものであり、米国内での他の事業は対象外であると考えていると述べた。テンセントの幹部は、同執行命令については「さらなる明確化を求めている」とし、質問には一切応じないと述べた。

テンセントの最高戦略責任者であるジェームズ・ミッチェルは、米国は同社のグローバル収益の2%未満、広告収益全体の1%未満を占めていると述べた。ミッチェルは、執行命令が米国の管轄区域のみを対象としているため、米国企業が中国のテンセントのプラットフォーム上で広告を出すことに影響が出るとは考えていないと付け加えた。

テンセントビデオ(腾讯视频)豊富な独自コンテンツの有料会員型動画配信
テンセントビデオ(腾讯视频)は、2011年4月にテンセント社が提供を開始した、中国最大級の動画プラットフォームの一つ。2019年末までにDAUは2億人超、有料会員数は1億人超。海外作品主体のコンテンツ構成から、高額の製作費を投じたオリジナル作品の比率を増やし、東南アジア展開に積極的に投資。
テンセントミュージック: モバイルMAU数で世界4位の「中国のSpotify」
テンセントミュージック (TME) は中国最大のオンライン音楽エンターテイメントプラットフォームであり、2019年のモバイルMAU数で世界4位の音楽モバイルアプリを運営。展開するサービス合計で6億5700万MAUを誇る。オンラインカラオケやライブストリーミングなどの中国の消費者が好む独特な機能も搭載する。

Image by Tencent

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)