要点

北京師範大学が6月下旬に発表した報告書によると、中国のソーシャルコマースプラットフォーム拼多多 (Pinduoduo) は、19歳から35歳までの若年層の間で、他のeコマースプラットフォームと比較してユーザーの成長率が最も速いと報告されている。

若年利用者成長率やアプリ開封回数で首位

中国国家統計局とデータ情報サービスプロバイダーのQuestMobileのデータを基にした「新青年消費観測調査報告書」によると、拼多多(ピンドゥオドゥオ、英Pinduoduo)は中国の全電子商取引プラットフォームの中で、若い世代のユーザーの成長率が最も高く、52.1%である。JD.comの19.4%、淘宝網の15%を大きく凌いでいる。

「若者はお金を使うのが好きだが、お金を無駄にしたくない。彼らは製品の品質と価格に見合うかどうかを気にしている」と報告書は指摘。「Pinduoduoのチーム購入機能は、ユーザーが友達と商品を共有し、一緒に低価格を楽しむことができるので、若者に人気がある理由だ」と報告書は述べている。

報告書によると、若者ユーザーによる拼多多アプリの月間平均開封回数は昨年の84.4回から89回に増加し、1人あたりの月間開封回数は81回だったライバルのアリババのタオバオを上回ったという。

中国の「新若年層」の間では、拼多多のアクティブユーザーの成長率は52%で、JD.comの19.4%、淘宝網の15%を大きく凌いでいる。Source: QuestMobile

19歳から35歳までのモバイルインターネットユーザーと定義される「新若年層」は、全国で6億5000万人で構成されている。彼らのほとんどは、オンラインショッピングに精通しており、プラットフォーム間の価格を比較するのが得意だ。彼らは、高品質の商品を購入する一方で、慎重に価格を比較しながら、集団購入でより安い価格でお買い得な商品を手に入れようとする。

報告書によると、拼多多のアクティブユーザーの成長には主に若者が貢献している。同プラットフォームの2020年第1四半期の平均月間アクティブユーザー数は4億8740万人に達し、1年前の2億8970万人から68%増加しており、タオバオやJD.comの18%、21.8%と比較しても増加している。

Photo by Pinduoduo