public

都市の勝利:高度技能者だけでなく貧困者にも利益をもたらす巨大経済構造体

グレーザーは、題名の通り、都市は極めて大きな利点を人類に提供している、と考えています。それはスラム街も例外ではなく、シリコンバレーのような高技能者の集積地域も含まれます。

5 months ago

Latest Post WeChatのミニプログラムは中国ECの最重要顧客獲得チャネル by Takushi Yoshida public

本ブログは『都市は人類最高の発明である』の書評です。著者のエドワード・グレーザーは、ハーバード大学の経済学教授です。また、マンハッタン研究所のシニアフェローであり、City Journalの寄稿編集者でもあります。

彼は、都市の機能を研究するために経済学のツールを都市研究に持ち込んだうちの一人です。都市経済学というジャンルは、ジャーナリストのジェイン・ジェイコブズが1950年〜60年代に開拓し、当時は彼女の社会に関する思想、都市開発に関する主観的な洞察に基づいた「学問」でした。しかし、90年代からグローバル化が進展する中で、世界的な経済ハブとなる「グローバルシティ」(サスキア・サッセン)が台頭し、都市に対して定量的な分析が行われるようになりました。このような文脈の中で都市経済学は新しいジャンルとしてその重要性を確かにしていきます。マンハッタン生まれマンハッタン育ちのグレーザーは、スーパースター都市のような現代的な事象の経済学的説明を試みる新進気鋭の都市経済学者です。

グレーザーは、題名の通り、都市は極めて大きな利点を人類に提供している、と考えています。それはスラム街も例外ではありません。最悪の都市であるキンシャサ、カルカタ、ラゴスでさえ、人々に、農村地域よりも健康とより多くの仕事を含む驚くべき利得をもたらすと主張します。ブラジルのスラム街「ファベーラ」に人が密集して住むのは、それが農村で住むよりも高い効用を住民にもたらすからと指摘します。

一方で、技術集積と経済発展を成功させた都市が、更に多くの人々を集める現象について説明することにも試みます。グレイザーはバンガロールとシリコンバレーから、奇妙な類似の歴史により、教育が都市の成功に不可欠であり、新しいテクノロジーが実際に人々が物理的に集まることをどのように促進するかが証明される、と結論づけるのです。

成功する都市ばかりではなく外的環境の変化により著しい衰退を経験する都市も存在します。リバプールとデトロイトはビートルズとモータウンを生み出しました。また、戦略的に配置された港(リバプール)と世界有数の自動車産業(デトロイト)のおかげで、優秀なセンターとして輝いています。しかし、今日では、彼らの都市は衰退に直面しています。航海テクノロジーが進化し、輸送コストが大幅に削減されたため、リバプールは2つの大陸にまたがるロジスティックハブとして優位に立てました。同じ技術的変化のプロセスにより、ヘンリーフォードは自動車生産をルーチン化し、町規模の工場の単一屋根の下で生産活動を統合することができました。フォードは、部品やアイデアを提供する他の賢い起業家から学ぶときに都市を必要としていましたが、大量生産に移行したとき、同社は豊富な「安いスペース」しか必要としませんでした。

都市の秘密とは、一言で言えば、人々の近接性です。グレーザー自身の言葉では「アイデアはより密度の高い場所に広がりやすくなります」ということになります。密度は、より分散した場所よりも都市に優位性を与えます。 明るいアイデアを持つ起業家の人々は都市部に集まり、お互いから学び、彼らの可能性を加速させます。そして、このような好循環で、都市は相互作用と革新を刺激し、競争の力によって起業家の洞察力を研ぎ澄ますことによって、これらの人々の才能を拡大する、とグレーザーは説明します。

ニューヨークは、新世界の東海岸沿いの便利な場所にあるため、海運の拠点としてスタートしました。これにより、製造会社は港周辺にショップを立ち上げ、入港貨物に直接、安価にアクセスできるようになり、市が誕生しました。グレーザーは、いくつの都市がさまざまな方法で発達したかを説明していますが、近接性の利便性は関係するすべての関係者に利益をもたらしました。

興味深いことに、グローバリゼーションと情報技術(IT)のすべてがワンクリックで実行できる時代、都市はかつてないほど生産性が高く、経済プロセスの中核となっています。ITがアイデアを作成するにつれて、より複雑になり、学習と新しいアイデアの作成を促進するために、近接性と対面の相互作用がますます重要になっているのです。

Photo by sergio souza on Unsplash

Takushi Yoshida

Published 5 months ago