東南アジアがドル依存脱却を模索:割って入ろうとする人民元
Licensed under the Unsplash+ License

東南アジアがドル依存脱却を模索:割って入ろうとする人民元

為替・政治リスクやコストを考慮し、東南アジア諸国はクロスボーダー決済におけるドル依存の脱却を模索している。低コストの現地通貨決済の採用が広がるにつれて、地域最大の貿易相手国である中国の人民元の存在感が増す可能性がある。

吉田拓史

為替・政治リスクやコストを考慮し、東南アジア諸国はクロスボーダー決済におけるドル依存の脱却を模索している。低コストの現地通貨決済の採用が広がるにつれて、地域最大の貿易相手国である中国の人民元の存在感が増す可能性がある。


シンガポールの元外相ジョージ・ヨーは、1月中旬に開かれたISEAS-Yusof Ishak Institute主催の会議で、「米ドルは我々全員に対する呪いだ」と述べた。「国際金融システムを武器化すれば、それに代わるものが出てきて、米ドルの優位性は失われる」

昨年前半のドル高と、ロシアへの制裁を強化するためのドルの武器化は、世界の経済大国のいくつかに、米国の通貨を回避する方法を模索する新たな刺激を与えた。ドルがすぐに主要な交換手段の座から下ろされるとは見られていないが、脱ドル化の試みは増えている。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン