熱波と干ばつが米欧中を手ひどく痛めつける

熱波が欧米中各国における発電や食糧生産、製造業にかつてない圧力をかけている。パンデミックからの出口を探していた経済が、気候変動のダウンサイドによって押しつぶされる可能性がある。

熱波と干ばつが米欧中を手ひどく痛めつける
Photo by Md. Hasanuzzaman Himel on Unsplash

熱波が欧米中各国における発電や食糧生産、製造業にかつてない圧力をかけている。パンデミックからの出口を探していた経済が、気候変動のダウンサイドによって押しつぶされる可能性がある。


中国国家気候センターによると、中国の一部の地域では、1961年の記録開始以来、最長の熱波が続いている。長江は、1865年の記録開始以来、この時期としては最も低い水位を記録し、水力発電の不足により製造業の操業停止に至っている。トヨタ自動車やEV用電池の世界トップメーカーである寧徳時代新能源科技(CATL)なども工場を閉鎖した。

電力供給が逼迫している。ダムの発電量が半減した一方で、厳しい熱波によって電力需要は約4分の1急増した。中国最大のクリーンエネルギー源である水力発電の低迷により、テスラやBYD等のEVサプライヤーの工場がある産業拠点に供給している電気系統にさらに圧力がかかっている。

中国は、ロシアのウクライナ侵攻による今年の世界的な食糧価格の高騰を、ほぼ免れてきた。しかし、気候変動によって悪化した中部と南西部の厳しい暑さと北東部の洪水は、秋に収穫される数億トンの穀物を脅かしている。

ゴールドマン・サックス・グループによれば、1960年代初頭以来最悪の干ばつが長江と四川流域を苦しめており、中国国内の米のほぼ半分がそこで生産されているため、危険な状態になっている。中国南部の稲作にとって、今後10日間は「被害抵抗の重要な時期」であると、農業農村部部長の唐仁健は述べている。

ウォールストリートジャーナルのSha HuaとYang Jie は先週、「一部のアナリストは、中国の干ばつと暑さが、国の中央地域と長江流域で秋の収穫期の米やトウモロコシなどの作物の生産にダメージを与えると懸念している」と書いた。上海の農業調査会社Sitonia Consultingの共同設立者であるダリン・フリードリヒスは、トウモロコシの収穫は、熱や水の状態が悪いと収量が低下する可能性のあるタッセリングという重要な段階にある、と述べた。

最も大きなリスクは、生産量の減少によって、中国が輸入を増やす可能性があることだ。世界のコモディティ市場はパンデミックとウクライナ戦争によって影響を受け、主に発展途上国が食料価格が高騰に苦しんでいるが、中国の進出は積み木を倒壊させかねない。

ウクライナ戦争は世界の食糧市場を麻痺させる
ウクライナ戦争は世界の穀倉地帯を破壊し、食糧危機が迫っている。世界各国で所得のうち食料品に費やされる割合が大幅に増加することになる。
穀物不足で世界の数千万人が危険にさらされている
ウクライナの食糧輸出は戦争で一気に減少し、ロシアの食糧輸出は制裁の間接的効果で減少した。穀物価格は高騰した。気候変動の影響も甚大だ。この小麦不足の最も大きな打撃を受けるのは貧しい国々である。なぜなら、貧しい人々は所得の多くを食糧に費やすからだ。

そして、これは中国に限った話ではない。欧州委員会共同研究センターの気候科学者アンドレア・トレティによると、スペイン、ポルトガル、フランス、イタリアに影響を与えている干ばつは、過去500年間で最悪の状態になりそうである。

アメリカ西部では、20年前に始まった干ばつが、カリフォルニア大学ロサンゼルス校が主導する研究によると、1200年ぶりの最悪の状態になるようだ。

WSJのMatthew Dalton, Jim Carlton, Sha Huaは21日、「北半球全域の深刻な干ばつは、カリフォルニアの農場からヨーロッパと中国の水路まで広がっており、サプライチェーンをさらに寸断して食糧とエネルギーの価格を押し上げ、すでにストレス下にある世界の貿易システムに圧力を加えている」と書いている。

米国では綿花の収穫量が40%以上減少すると予想され、欧州では高温・乾燥のためスペインのオリーブオイルの収穫量が3分の1程度に落ちると予想されている。

旱魃にさらされる米国農業。出典:USDA- Office of the Chief Economist (August 18, 2022)。
旱魃にさらされる米国農業。出典:USDA- Office of the Chief Economist (August 18, 2022)。

米国西部の水系の要で、米国で2番目に大きな貯水池であるパウエル湖は、現在、容量のわずか26パーセントまで水が減っており、1967年以降で最も低い水位にある。

ランドサット衛星が観測した2017年夏㊧と2022年夏のパウエル湖㊨の一部を撮影したもの。出典:NASA
ランドサット衛星が観測した2017年夏㊧と2022年夏のパウエル湖㊨の一部を撮影したもの。出典:NASA

レタスやベビーグリーンなどの野菜の主要産地であるアリゾナ州ユマ郡では、農家は34億ドル規模の市場で10%もの打撃を受けると予想している、と同郡の4つの灌漑地区の顧問弁護士であるウェイド・ノーブルはWSJに語っている。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)