バイトダンス、印最大財閥とTikTokへの出資で協議

ByteDanceがムンバイに本社を置くインド最大財閥のReliance IndustriesにインドでのTikTokの事業への投資の可能性を打診したと、米テックニュースプロバイダーTechCrunchが報じた。Relianceは200億ドルを調達して有名になったJio Platformsの親会社。

バイトダンス、印最大財閥とTikTokへの出資で協議

ByteDanceがムンバイに本社を置くインド最大財閥のReliance IndustriesにインドでのTikTokの事業への投資の可能性を打診したと、米テックニュースプロバイダーTechCrunchが報じた。Relianceは200億ドルを調達して有名になったデジタル事業会社Jio Platformsの親会社。

このニュースは、ByteDanceがトランプ政権からTikTokの米国事業の売却を迫られていることを受けてのもので、ソフトウェア大手のMicrosoftやソーシャルメディアプラットフォームのTwitterなどが買収の候補となっている。

ByteDanceとRelianceは先月末に会話を始めたが、まだ取引には至っていないと、2人の無名の情報筋がTechCrunchに語っており、TikTokのインド事業は30億ドル以上の評価を受けていると付け加えている。

ByteDanceは、ニューデリーが6月下旬に国家安全保障上の理由から、TikTokと他の58の中国製アプリに対して禁止令を出して以来、インド政府と懸念事項の解決に向けて協議を重ねてきた。この禁止令により、ByteDanceのインド支社から数名の高官や従業員が離職し、大規模な解雇が懸念されるようになった。禁止前、インドはTikTokの世界ダウンロード数の3分の1を占め、2億人のTikTokユーザーを抱えていた。

TechCrunchは、インドのコングロマリットの億万長者ムケシュ・アンバニがインドのナレンドラ・モディ首相の盟友であることから、Relianceとの取引はByteDanceがニューデリーとの相互信頼を築くのに役立つ可能性があると分析している。

インドの大手経済紙「エコノミック・タイムズ」は、バイトダンスがインドでの雇用を凍結し、一部の上級管理職の配置転換を行ったと報じた。ByteDanceはインドに約2,000人の従業員を抱えている。

Photo by Bytedance Newsroom

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史