2020年は、ソーシャルメディアによって生み出されたコミュニケーションのエコシステム、つまりMITスローンのシナン・アラル教授が「ハイプ・マシン」と呼ぶものに最高潮と最低潮をもたらした。人々はパンデミックの間、友人や愛する人とのつながりを保つためにSNSを利用したが、同時にCOVID-19に関するフェイクニュースや誤情報が同じウェブサイトを通じて拡散した。

一部の企業は自宅に隔離された顧客とつながるためにソーシャルメディアを利用し、他の企業はフェイスブックのヘイトスピーチの扱い方に抗議するためにフェイスブックのボイコットに参加した。また、大統領選挙が近づいており、選挙結果を左右するために外国人がどのようにネットワークを利用しているかという懸念の中で、キャンペーンはハイプ・マシーンを通じて有権者に連絡を取っている。 ソーシャルメディアには将来性と危険性の両方の可能性があり、私たちは今、岐路に立っている。

彼の新著『The Hype Machine: How Social Media Disrupts Our Elections, Our Economy, and Our Health - And How We Must Adapt』の中で、MIT Initiative on the Digital Economy のディレクターであるアラル教授は、ソーシャルメディアの約束を達成するための道筋を示している。これには、ハイプ・マシンの背後にある力と科学を理解し、ソーシャルメディア企業、政策立案者、ユーザーが約束を達成し、この新しい社会秩序の危険を回避するために何をすべきかを理解することが含まれている。

毎日毎分、私たちの地球上には何兆ものデジタル・ソーシャル・シグナルが脈打っており、ソーシャル・ネットワーク、ニュース・メディア、広告主、群衆からのステータス・アップデート、ニュース・ストーリー、ツイート、ポーク、投稿、紹介、広告、通知、シェア、チェックイン、評価などのストリームを私たちに浴びせている。これらのシグナルは、Facebook、Snapchat、Instagram、YouTube、Twitterなどのプラットフォームを介して常備しているモバイルデバイスに配信され、それらは人間のソーシャルネットワークを介して、私たちのつながりを最適化し、相互作用を加速させ、調整されたコンテンツのストリームで私たちのエンゲージメントを最大化するように設計されたアルゴリズムによってルーティングされている。

しかし、同時に、これらのシグナルは、社会を超社会化し、大衆への説得力を高め、トレンドの専制君主を生み出している。彼らは、私たちの日常の意思決定に影響力を行使し、人口規模の行動変化をキュレーションし、アテンションエコノミーへの参加を強制することで、これを行っている。

印象的なことは、15年前にはデジタル社会信号のこの不協和音は存在していなかったということだ。15年前には、私たちのデジタル接続を容易にするために持っていたのは、電話、ファックス、電子メールだけだった。今日では、より多くの新しいソーシャル・テクノロジーがオンラインになるにつれ、それらが私たちをどのように変化させているのか、私たちの知るところは少なくなってきている。

なぜフェイクニュースはオンライン上で真実よりも早く拡散するのだろうか? 1つの偽のツイートが、どのようにして1400億ドルの株式市場価値を数分で消し去ったのだろうか? Facebookはどのようにして1つのアルゴリズムをいじることで2012年の大統領選挙を変えたのか? ロシアのソーシャルメディア操作が2016年の米大統領選挙をひっくり返したのか?

これらの質問は、ソーシャルメディアの破壊的な力を熟考している。これらの質問に答えることで、ハイプ・マシンが私たちの世界にどのように影響を与えているかをよりよく理解することができる。

ハイプ・マシンは、私たちの間に根本的な相互依存を生み出し、私たちの思考、意見、行動を形成してきた。この相互依存は、FacebookやTwitterのようなデジタルネットワークによって可能になり、ニュースフィードや友人推薦アルゴリズムのような機械知能によって導かれている。これらのネットワークは共に、人間の社会的ネットワークの進化と、それを介した情報の流れを作り変えようとしている。

これらのデジタル・ネットワークは、ハイプ・マシンの制御を国家、企業、個人にもたらし、グローバルな会話を自分たちの目的に向かって舵取りし、世論を形成し、最終的には人々の行動を変えることを熱望している。このマシンの設計とそれをどのように使用するかは、私たちの組織と私たちの生活を再形成している。そして、ハイプ・マシンは、COVID-19パンデミックがソーシャルメディア上に一斉に世界を押し出す前よりも、今日の方がさらに関連性が高い。

今までに、新しいソーシャルテクノロジーが民主主義、経済、公衆衛生を混乱させているため、空が落ちてきていると宣言する否定派の不協和音を誰もが耳にしたことがある。私たちは、フェイクニュース、ヘイトスピーチ、市場を破壊する偽のツイート、マイノリティグループに対する大量虐殺的な暴力、再燃する病気の発生、民主的な選挙への外国の介入、そして劇的なプライバシー侵害の爆発を目の当たりにしてきました。スキャンダルの後のスキャンダルは、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムのようなソーシャルメディアの巨人を揺さぶり、そこからの反動のように見えて、決して立ち直ることができない。

しかし、ソーシャルメディア革命が始まったとき、世界のソーシャルプラットフォームは、世界をつなぐという理想的なビジョンを持っていた。彼らは、知的自由、社会的・経済的な機会、より良い健康、仕事の移動、意味のある社会的なつながりを体験するために必要な情報や知識、リソースに誰もが自由にアクセスできるようにすることを計画した。彼らは抑圧、孤独、不平等、貧困、病気と闘うつもりだった。今日、彼らは、彼らが緩和するために着手したまさに悪事を悪化させているように見える。

これらのテクノロジーには、並外れた約束ととてつもない危険性の 可能性があるということである。ソーシャルメディアは、生産性、イノベーション、社会福祉、民主化、平等、健康、積極性、統一性、進歩の信じられないような波をもたらす可能性がある。同時に、ソーシャルメディアは民主主義、経済、公衆衛生に死の打撃を与える可能性があり、もし放置しておけば、私たちの民主主義、経済、公衆衛生に死の打撃を与えることになるだろう。今日、私たちはこれらの現実の岐路に立っている。

"The Hype Machine: How Social Media Disrupts Our Elections, Our Economy, and Our Health--and How We Must Adapt" by Sinan Aral.

残念ながら人々のソーシャルメディアに関する理解と進歩は誇大広告によって妨げられてきた。ハイプマシンを取り巻く誇大広告によって人々は、本、ドキュメンタリー、およびメディアの注目を集めるよう仕向けられた。誇大広告は、ソーシャルメディアが私たちにどのように影響を与えるかについての科学的な証拠から、私たちが実際に知っていること(そして知らないこと)のビジョンを曇らせてしまうので、役に立たない。

私たちの言説がセンセーショナルなヒステリーに包まれている間、論争の中心にいる3つの主要な利害関係者(プラットフォーム、政治家、そして人々)はすべて、お互いに指を指し示してきた。ソーシャルメディアのプラットフォームは、規制の欠如が私たちの病気の原因だと非難している。政府は、テクノロジーの兵器化を見て見ぬふりをしていることをプラットフォームのせいにしている。そして人々は、何もしないことを政府やプラットフォームのせいにしている。しかし実際には、私たちは皆、スイッチが入るまで眠っていたのです。最終的には、私たち一人一人が、ハイプ・マシンの現在の方向性において果たしている役割に責任を取らなければなりません。

「マーク・ザッカーバーグ自身が指摘しているように、政府は賢明で十分な情報に基づいた規制を採用する必要があるだろう。プラットフォームはポリシーとデザインを変える必要があるだろう。そして、私たち自身と子供たちのためにも、私たちは皆、デジタルの街角でのソーシャルメディアの使い方にもっと 責任を持つ必要があるだろう。私たちが直面している混乱のための銀の弾丸はないが、解決策はある」とアラルは語っている。

アテンション・エコノミーの次は安全、高品質なサブスクの時代が来る デジタルメディアの未来 #6
インターネット広告のモデルは、利用者のアテンションを収奪し、それをチップに変えるゲームに飲み込まれてしまっています。しかし、それも終わりが近づいているでしょう。フィルターバブル、フェイクニュース、トロール、スマホ依存など負の影響が蔓延したからです。
アテンションエコノミーの終わり 可処分時間の限界と深刻な副作用
アテンションエコノミー(注意経済)はピークアウトしました。人々が一日に物事に注意を向ける時間は限界に達しました。人々は情報の渦の中で溺れています。
モバイルインターネットがあなたをハックするために磨いた知見がもたらす深刻な負の影響
あなたの行動を変えるための技術は日進月歩で進んでいるが、世界はそれをやめるインセンティブを設定できないでいる。テクノロジー企業はお互いに競い合っているし、金融市場の評価を絶えず気にしている。
ケンブリッジ・アナリティカが試みた群衆操作の全容
ケンブリッジ・アナリティカはFacebookから取得した個人情報、感情の性質などの情報を活用し、2016年のアメリカ合衆国大統領選挙と英国のEU離脱をめぐる国民投票における「説得可能な投票者」(Persuadable)の抽出に成功した。「群衆を操れる」という同社の主張には多くの疑問が残る。

Photo by Brett Jordan on Unsplash