医学

医学とは、病気の診断、予後、治療、予防を確立するための科学と実践である。医学は、病気の予防と治療によって健康を維持し、回復させるために進化した様々な医療行為を包含しています。現代医学は、生物医学科学、生物医学研究、遺伝学、医療技術を応用して、怪我や病気の診断、治療、予防を行うもので、通常は医薬品や手術によるものですが、心理療法、外反母趾や牽引、医療機器、生物学的製剤、電離放射線などの多様な治療法もあります。

吉田拓史
無料会員 公開

がん早期発見企業New Horizon Healthが香港に上場

2月18日、バイオテクノロジー企業のニュー・ホライゾン・ヘルスは香港で新規株式公開(IPO)で24億2000万香港ドルを調達した。公募の抽選は4133倍の応募超過となった。

吉田拓史
無料会員 公開

AIがコロナ感染者が死亡する可能性を高精度で予測する

コペンハーゲン大学の新しい研究によると、患者データを使用して、人工知能は、COVID-19で死亡するかどうかの90%の正確な評価を行うことができる。体格指数(BMI)、性別、高血圧は、最も重く加重された要因の一つである。

吉田拓史
無料会員 公開

計算医学、不確実性から精度へ

医療、産業、政府の関係者が、計算医療の出現は医療とヘルスケアの未来に革命を起こすだろうと述べている。これらの計算科学的アプローチは、人体のような複雑なシステムのモデリングに適していると考えられている。

吉田拓史
無料会員 公開

人種間で公平に動作する乳がん予測AI、MITが開発

MITコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)の研究者は、米国、ヨーロッパ、アジアの患者間で一貫したパフォーマンスを示す乳がんリスク評価アルゴリズムを作成したと発表した。

吉田拓史
無料会員 公開

IBMとファイザー、AIが71%の精度でアルツハイマーの発症を予測できると主張

ファイザーとIBMの研究者たちは、アルツハイマー病の症状が出る何年も前に予測できる機械学習技術を開発したと主張している。臨床的な音声テストから得られた小さなサンプルの言語データを分析することで、認知的に健康な人たちを対象にテストを行ったところ、71%の精度を達成したという。

吉田拓史
無料会員 公開

最新研究: コロナウイルス抗体、感染後少なくとも3ヵ月持続

COVID-19の研究者は、ウイルスが米国で最初に循環し始めて以来、SARS-CoV-2感染後の免疫反応を理解しようとしてきた。感染に対するT細胞とB細胞の反応、そしてそれぞれの反応が活発になる時間を知ることは、パンデミックと闘うための戦略を実行するための重要な要素である。新しい発見は、現在、SARS-CoV-2 に対する抗体は、人がウイルスに感染してから少なくとも3ヶ月は持続できることを示唆している。

吉田拓史
無料会員 公開

超小型ロボットによる体内の3D印刷は胃潰瘍を処置できる

胃潰瘍やその他の胃の傷は、世界で8人に1人が苦しんでいるが、一般的な従来の治療法には欠点がある。現在、科学者たちは、3Dプリントの新境地を開拓することで、このような問題を治療することを目指している。

吉田拓史
無料会員 公開

宇宙空間での筋力低下を防止する分子医学、寝たきり患者への応用も

宇宙空間での滞在は、筋肉の萎縮を引き起こす。国際宇宙ステーションの住人は、筋肉の萎縮を防ぐために定期的に運動をしているが、別の方法があるかもしれない。科学者たちは今、宇宙飛行士のマウスにある特定の分子を投与すると、筋肉を維持するだけでなく、少しだけ膨張することを発見した。

吉田拓史
無料会員 公開

米最大級バイクイベントがコロナを超拡散、推定122億ドルの公衆衛生コスト

IZA Institute of Labor Economicsの新しい研究によると、先月サウスダコタ州で行われた世界最大級のバイクイベント「スタージス・モーターサイクル・ラリー」はコロナウイルスの「超拡散イベント」であり、公衆衛生コストの推定122億ドルにつながった。

吉田拓史
無料会員 公開

ウイルスは種の進化と生存に重要な役割を果たす

世界が拡大するCOVID-19コロナウイルスのパンデミックの制御に奔走する中、Nature Structural & Molecular Biology誌に掲載された新しい研究によると、ウイルスは哺乳類の繁殖能力と生存能力においても進化的に重要な役割を果たしていることが明らかになった。

吉田拓史
無料会員 公開

昼寝に頼る人はアルツハイマー病や認知症を発症するリスクが高い

ロチェスター大学医療センター(URMC)の研究者らの最新の研究結果は、睡眠を確保するために日中に昼寝に頼っている人や夜勤の仕事をしている人は、アルツハイマー病や認知症などの神経疾患を発症するリスクが高いことを示唆している。

吉田拓史
無料会員 公開

コロナウイルスが心臓にダメージを与える可能性

SARS-CoV-2ウイルスを実験室の皿で培養した人間の心臓細胞に添加すると、心臓の鼓動を維持する長い筋繊維が短く切断された。サンフランシスコに拠点を置くグラッドストーン研究所の科学者たちは、特にCovid-19病患者の剖検で心臓組織に同様の現象が見られたことから、警戒している。