public

ケンブリッジ・アナリティカの内部告発者が営業プレゼン手法を暴露

ケンブリッジ・アナリティカ元取締役であるブリタニー・カイザーが回想録を出版。同社が世界各国の政治家にどのように売り込んだのかが詳細に説明されています。

4 months ago

Latest Post 欧州サッカークラブのAI活用が活発化 by Takushi Yoshida public

昨年10月、CAの元データサイエンティストで、世界を震撼させた内部告発者のChristopher Wylieの "Mindf*ck: Inside Cambridge Analytica’s Plot to Break the World"(マインドファック:世界を壊したCAの内幕)が出版されました。本書は未翻訳であり、あらすじは翻訳書ときどき洋書さんのこちらのブログを確認ください。あるいは、僕が書いたこちらのブログは、心理ターゲティングが選挙結果に及ぼした効果の評価を除いて、CA事件の内容を知るのに役立ちます。

同じ月にCAの元取締役であるブリタニー・カイザーもまた回想録『告発 フェイスブックを揺るがした巨大スキャンダル』を出版しました(昨年12月には日本語に翻訳されています)。

Wylieの本は物事のデータ収集の側面に重点を置いていました(彼は、データの予測能力に夢中になっていたと言います)。対照的に、CAでのカイザーの仕事は、潜在的なクライアントへのピッチ(売り込み)を伴いました。 CAのさまざまな悪行については、多くのことが言われており、カイザーはNetflixドキュメンタリーThe Great Hackの中心的な出演者として、さまざまな内部情報を広めています。

この回想録では、政治コンサルタントと技術内部告発者が、数十億ドル規模のデータ産業に関する不穏な真実を明らかにし、Cambridge Analyticaがプライバシー法の弱点を悪用した方法を公開しています。ドラマチックなCAの盛衰について、カイザーが目撃したことが記録されており、 彼女は、Facebookの緩いポリシーと十分な国内法の欠如が、英国と米国の両方で有権者を操作することをどのように許可したかを明らかにしました。 何もしなければ2020年の選挙でも同じことが起きる可能性があります。

カイザーは、政治に関心があり、高学歴で、中流階級、オバマの好意的な崇拝者でした。カイザーは米国エリート私立学校Phillips Andoverに通い、その後、30歳までに少なくとも博士号を含む一連の学位を取得します。 カイザーは2007年の大統領選挙でバラク・オバマのメディアチームで働いています。また、人道主義を訴えるロビイストとしてアムネスティ・インターナショナルで働きました。

しかし、彼女が留学先から米国に戻ると、両親が貯蓄を失い、仕事を必要としました。カイザーは、秘密主義のクオンツファンドの共同創業者の億万長者で、ドナルド・トランプのパトロンであるロバート・マーサーが資金を提供しているCAに入社したとき、人権と国際関係論の4つ目の学位に取り組んでいる理想主義的な若い専門家でしたが、やがてCAが世界中で実行する「悪事」に関与するようになりました。

彼女の主たる仕事は、政治家などの顧客への売り込みです。CAのCEOアレクサンダー・ニックスは、彼女にPowerPointプレゼンテーションを作成してクライアントに売り込む方法を教えると、彼女はそれが得意であることが判明したのです。そのプレゼンテーションの内容が、彼女の本が明らかにする、CAに関する最も新しい情報です。

彼女はCAに在籍する間、両親にお金を注ぎ込んだり、社内政治に疲弊したり、絶望的に疲れたり、アドレナリンに駆られたりします。特に2017年から2018年の間には、彼女が関与していた出来事への心配から、過度に飲酒していたことを認めています。

https://www.youtube.com/watch?v=iX8GxLP1FHo

ケンブリッジ・アナリティカ事件に関連するAxionの記事

  1. ケンブリッジ・アナリティカ事件 心理学、データ分析、広告技術による群衆操作
  2. ケンブリッジ・アナリティカが誇張した「精神ハック」への懐疑論
  3. ケンブリッジ・アナリティカの「成果」は誇大広告にすぎない可能性がある
  4. マイクロターゲティング データ科学は有権者を操作可能か
  5. コンピューターの方があなたの性格をよく理解できる
  6. あなたのオンライン行動から属性、性的指向、性格を理解できる
  7. 心理ターゲティングはあなたが購入する可能性を高めるが…
  8. Facebookの政治広告は米大統領選挙最大の不安要因
  9. FACEBOOKのターゲティング広告とデータブローカーのデータはどう紐付けられていたか

参考文献

『告発 フェイスブックを揺るがした巨大スキャンダル』(ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

Takushi Yoshida

Published 4 months ago