7 articles

宝の持ち腐れの行政データを救出せよ、キカク渡邊、サイバーエージェント森脇インタビュー

近年、「証拠に基づく政策立案」(EBPM)と呼ばれる方法が普及している。大手テクノロジー企業が、経営や製品開発の意思決定においてデータサイエンスを活用することは当たり前となった。日本では、人々が市区町村の役所で多くの書類を書き、教育、医療、年金、納税をはじめ様々な情報を政府に渡すが、これらの行政データは、適切な形に姿を変えず宝の持ち腐れとなっている。 [...]

Takushi Yoshida

PalantirはSierと何ら変わらない

Palantirは、成功しているソフトウェア企業とは異なり、個々の顧客に対しカスタマイズされたスケーラビリティの低いビジネスを運営している。260億ドルの高い企業価値とは裏腹に、旧世代のソフトウェア企業であるSierと何ら変わりがない。 [...]

Takushi Yoshida

Uber Eatsでの調理時間、到着時間、配達時間の予測

Uber Eatsでは、デリバリーパートナーには、料理ができた瞬間にレストランに到着してもらう必要があり、時間予測は注文のライフサイクル全体にわたって常に重要な役割を果たす。貪欲なマッチングアルゴリズムでスタートしたが、時間予測を利用したグローバルなマッチングアルゴリズムを使用する。 [...]

Takushi Yoshida

Uberの機械学習基盤Michelangelo (ミケランジェロ)

Uberの機械学習基盤MichelangeloはUberのすべてのトランザクションデータとログデータを保存するデータレイクであり、同社の機械学習、データサイエンスのためのデータソースとその加工を一手に支えており、同社が配車マッチング、ダイナミックプライシング、食品配達マッチング等の製品を投入するのを助けている。 [...]

Takushi Yoshida
Newsletter
You've successfully subscribed to Axion デジタル経済メディア