デジタルウォレット

A digital wallet also known as "e-Wallet" refers to an electronic device or online service that allows an individual to make electronic transactions. This can include purchasing items on-line with a computer or using a smartphone to purchase something at a store.

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

デジタル人民元は中国にドル迂回の手段を提供する

最近の軍事訓練で、中国は「反逆の省」と見なす台湾への侵攻をシミュレートしている。8月にアメリカのナンシー・ペロシ下院議長が台北を訪問して以来、中国のブロガー、評論家、政治家は戦争の話で頭がいっぱいだ。 北京の金融当局も、間違いなく紛争に備えていた。アメリカとその同盟国がロシアの銀行に対して厳しい制裁を課し、そのうちの7行をベルギーに拠点を置く決済用メッセージングネットワークである国際銀行間通信協会(SWIFT)から追い出すのを、彼らは落胆して見ていた。中国が台湾に侵攻すれば、同様の措置がとられ、海外での中国の銀行活動は凍結されるかもしれない。台湾をめぐる銃撃戦では、どちらが勝つか誰にも分からない。金融戦争では、アメリカの勝利は確実と思われる。 中国のドル依存は、長い間、北京の不満の種であった。ドルへの依存は、制裁に対する中国の脆弱性を高めるだけでなく、アメリカのマクロ経済的な気まぐれに中国をさらすことになる。多くの政府関係者にとって、世界最大の輸出国であり公的債権者である自国が、世界最大の輸入国であり借り手である米国の通貨にこれほど大きく依存するのは、不自然なことである。この

吉田拓史
無料会員 公開

インドとブラジルのスマホ決済が日本を圧倒した理由

日本のスマホ決済はインドとブラジルに完敗している。日本が大きな遅れを取り戻す最も効果的な術は、インドとブラジルが中国を参考に築き上げたベストプラクティスを模倣することだ。

吉田拓史
無料会員 公開

インドの先進的なデジタル決済が国際送金をディスラプトする

インドのデジタル決済のバックボーンを構築した公的機関が国際送金に参入する見込みだ。恐ろしくローテクなクロスボーダー取引システムに対して、新たなハイテクなライバルが登場しようとしている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

五輪で披露されたデジタル人民元に米国は対抗できるか?

【ブルームバーグ】中国は今月、北京で開催された冬季オリンピックでメダルだけでなく、お金の未来を静かに定義しようとした。e-CNYはまだ初期段階にあるが、デジタルキャッシュの基準を設定することは中国が地政学的な力を発揮するための手段となり得る。

ブルームバーグ
無料会員 公開

現金好きの日本がデジタル通貨に深い興味示す

【ブルームバーグ】日本では民間と日本銀行の双方からデジタル通貨のアイデアが進行している。先進国の中で最も現金が好きで、決済のデジタル化から置いてけぼりを食っている国に岐路が迫っている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ブラジル中央銀行が構築した1億1千万人が利用するモバイル決済システム

【ブルームバーグ・ビジネスウィーク】1年前、ブラジルのモバイル決済システムPixプラットフォームは存在しなかった。それがPix今では人口の半分(1.1億人)が利用しており、デジタル決済の普及がいかに速いかを示している。

吉田拓史
無料会員 公開

仮想通貨とデジタル決済のいま Axion Podcast #77

仮想通貨とデジタル決済の現在について話し合いました。ビットコインブームが一服し、QRコード決済が日本に定着しなかったいま、次に目指すべきは中央銀行デジタル通貨(CBDC)です。

吉田拓史
無料会員 公開

デジタルユーロ構想の展望 Axion Podcast #62

Axion Podcastは、テクノロジー業界の最新トレンドを、元DIGIDAY編集者で起業家の吉田が探求するラジオです。Apple Podcast [https://podcasts.apple.com/jp/podcast/axion-podcast/id1503184612] 、Spotify [https://open.spotify.com/show/2ed8K6ajqDspEoKlNc96Oi?si=4GOUg72BRjS6eHUTySQZWg] 、Google Podcast [https://podcasts.google.com/?feed=aHR0cHM6Ly9hbmNob3IuZm0vcy8xNWNjYWU0Yy9wb2RjYXN0L3Jzcw] 、Anchor [https://anchor.fm/takushi-yoshida]でも聴取可能です。ご登録お待ちしております。Apple Podcast [https://podcasts.apple.com/jp/podcast/axion-podcast/id1503184612] 、Spotify [https

吉田拓史
無料会員 公開

東南アジアの覇者Sea Limited Axion Podcast #36

収益が前年同期比で約2倍。東南アジアのテクノロジー企業というと、GojekやGrabが最も知られているが、最も成功しているのは、シンガポールのSea Limited。テンセントの支援を受けたゲームで早期の成功を果たし、EC事業もコロナ禍の影響で急激な伸びを示し、デジタル決済でも普及の兆しを見せる。

吉田拓史
無料会員 公開

Google Pay、PhonePeがインドで自動引き落としを提供へ

デジタル決済プロバイダーのGoogle PayとPhonePeが、毎月の自動支払いを提供するためにインド決済公社(NPCI)と交渉していると報じられた。この契約により、顧客は公共料金、分割払い、購読、保険料などの毎月の自動支払いをオプトインできるようになる。

吉田拓史
無料会員 公開

QRコード決済の次は何か?

日本のQRコード決済の持続可能性が薄い。経産省のポイント還元制度が6月末の終了を控え、日本のビジネスコミュニティは次のトレンドを探すことになるだろう。非接触型とデジタルウォレットの組み合わせが現状のベストプラクティスだが、中央銀行デジタル通貨(CBDC)と「リブラ」のようなステーブルコインがゲームチェンジャーになる可能性がある。

吉田拓史
無料会員 公開

Grab Financial: スーパーアプリの要であるフィンテック部門

Grab Financialは東南アジアの配車大手Grabのフィンテックユニット。Grab Financial Groupの事業は、中国型のデジタルウォレットGrabPayの展開と、グローバル企業との提携によるデジタル金融商品の提供が主眼である。