デジタルウォレット

A digital wallet also known as "e-Wallet" refers to an electronic device or online service that allows an individual to make electronic transactions. This can include purchasing items on-line with a computer or using a smartphone to purchase something at a store.

ブルームバーグ
無料会員 公開

五輪で披露されたデジタル人民元に米国は対抗できるか?

【ブルームバーグ】中国は今月、北京で開催された冬季オリンピックでメダルだけでなく、お金の未来を静かに定義しようとした。e-CNYはまだ初期段階にあるが、デジタルキャッシュの基準を設定することは中国が地政学的な力を発揮するための手段となり得る。

ブルームバーグ
無料会員 公開

現金好きの日本がデジタル通貨に深い興味示す

【ブルームバーグ】日本では民間と日本銀行の双方からデジタル通貨のアイデアが進行している。先進国の中で最も現金が好きで、決済のデジタル化から置いてけぼりを食っている国に岐路が迫っている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ブラジル中央銀行が構築した1億1千万人が利用するモバイル決済システム

【ブルームバーグ・ビジネスウィーク】1年前、ブラジルのモバイル決済システムPixプラットフォームは存在しなかった。それがPix今では人口の半分(1.1億人)が利用しており、デジタル決済の普及がいかに速いかを示している。

吉田拓史
無料会員 公開

仮想通貨とデジタル決済のいま Axion Podcast #77

仮想通貨とデジタル決済の現在について話し合いました。ビットコインブームが一服し、QRコード決済が日本に定着しなかったいま、次に目指すべきは中央銀行デジタル通貨(CBDC)です。

吉田拓史
無料会員 公開

デジタルユーロ構想の展望 Axion Podcast #62

Axion Podcastは、テクノロジー業界の最新トレンドを、元DIGIDAY編集者で起業家の吉田が探求するラジオです。Apple Podcast 、Spotify、Google Podcast、Anchorでも聴取可能です。ご登録お待ちしております。Apple Podcast 、Spotify、Google Podcast、Anchorでも聴取可能です。 今回はEUの中央銀行デジタル通貨であるデジタルユーロ構想と、各国のデジタル通貨の課題と展望について話しました。 参考記事”一定額以上保有すると減る”デジタル・ユーロ案調査対象の中銀の86%がデジタル通貨の発行を調査Axion Newsletter吉田拓史 Yoshi700円/月の支援Axionは吉田が2年無給で、1年が高校生アルバイトの賃金で進めている「慈善活動」です。有料購読型アプリへと成長するプランがあります。コーヒー代のご支援をお願いします。個人で投資を検討の方はTwitter(@taxiyoshida)までご連絡ください。 デジタル経済メディアAxionを支援しようAxionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。CAMPFIRE CommunityTakushi Yoshida is creating writing/

吉田拓史
無料会員 公開

東南アジアの覇者Sea Limited Axion Podcast #36

収益が前年同期比で約2倍。東南アジアのテクノロジー企業というと、GojekやGrabが最も知られているが、最も成功しているのは、シンガポールのSea Limited。テンセントの支援を受けたゲームで早期の成功を果たし、EC事業もコロナ禍の影響で急激な伸びを示し、デジタル決済でも普及の兆しを見せる。

吉田拓史
無料会員 公開

Google Pay、PhonePeがインドで自動引き落としを提供へ

デジタル決済プロバイダーのGoogle PayとPhonePeが、毎月の自動支払いを提供するためにインド決済公社(NPCI)と交渉していると報じられた。この契約により、顧客は公共料金、分割払い、購読、保険料などの毎月の自動支払いをオプトインできるようになる。

吉田拓史
無料会員 公開

QRコード決済の次は何か?

日本のQRコード決済の持続可能性が薄い。経産省のポイント還元制度が6月末の終了を控え、日本のビジネスコミュニティは次のトレンドを探すことになるだろう。非接触型とデジタルウォレットの組み合わせが現状のベストプラクティスだが、中央銀行デジタル通貨(CBDC)と「リブラ」のようなステーブルコインがゲームチェンジャーになる可能性がある。

吉田拓史
無料会員 公開

Grab Financial: スーパーアプリの要であるフィンテック部門

Grab Financialは東南アジアの配車大手Grabのフィンテックユニット。Grab Financial Groupの事業は、中国型のデジタルウォレットGrabPayの展開と、グローバル企業との提携によるデジタル金融商品の提供が主眼である。

吉田拓史
無料会員 公開

GrabPay: 東南アジアのモバイル決済アプリ

GrabPayは、東南アジアのスーパーアプリになろうとする配車新興企業Grabが提供するデジタルウォレット。オンラインコマースに利用できるオンライン決済と、POSデバイスとQRコードを利用したオフライン決済が組み合わされている。AlipayやWeChat Payと同型のペイメント製品である。

吉田拓史
無料会員 公開

ShopeePay  ”東南アジアのアリペイ”のデジタルウォレット

ShopeePayは "東南アジアのアリペイ"だ。地域最大eコマース企業Shopeeが提供する電子財布は、ShopeePayを使って迅速かつ便利にチャージ、購入、出金を行うことと店舗でのQRコード決済を可能にする。

吉田拓史
無料会員 公開

WeChat Pay(微信支付) 中国最大級のモバイル決済

WeChat Pay(微信支付)はWeChatアプリに統合された支払い機能で、ユーザーはスマートフォンで素早く支払いを完了することができる。2019年第4四半期にはWeChat Paymentの商用取引件数が10億件/日を超え、月間アクティブユーザー8億人、加盟店5,000万人をカバーする。