欧州

ヨーロッパ(Europe)は、北半球に位置する大陸である。ユーラシア大陸の最西端を構成し、北は北極海、西は大西洋、南は地中海、東はアジアに接している。ヨーロッパは、ウラル山脈、ウラル川、カスピ海、大コーカサス、黒海、トルコ海峡の流域によってアジアと隔てられていると一般的に考えられている。この境界線の一部は陸地であるが、ヨーロッパはその物理的な大きさと歴史と伝統の重みから、一般的には完全な大陸としての地位を与えられている。

編集部
無料会員 公開

CIA、ノードストリームの攻撃可能性を独に事前警告していた

米中央情報局(CIA)は6月、ドイツを含む多くの欧州諸国に対し、ロシアからの天然ガスを運ぶ2本のガスパイプライン「ノードストリーム」が今後の攻撃の標的になる可能性があるという警告を発していたと報じられた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

英国債が急落、政府が予想以上に借入を拡大したため

新政権の景気刺激策が英国の債務を膨らませ、インフレを刺激するとして、投資家は英国の資産を投げ売り、英国債は歴史的急落、ポンドは37年ぶりの安値になった。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

西側は戦争に失敗したプーチンの傷口に塩を塗れ

ウラジーミル・プーチン大統領が隣国を侵略した際に述べた多くの言い訳の1つに、ウクライナとロシアは「1つの国」であり、彼の温和な支配の下で統一されるべきだというものがある。今週、ハリコフ県から数千人のロシア人侵略者を一掃したとき、ウクライナの大統領ウォロディミル・ゼレンスキーは「まだそう思っているのか」と尋ね、その勝利の皮肉は正当化された。9月5日に始まったハリコフへの反攻は、プーチンが3月末にウクライナの首都キエフの占領を断念して以来、最も劇的なロシアの逆転劇となった。

吉田拓史
無料会員 公開

三方ヶ原の次は伊賀越え:ソフトバンクへのクレディ・スイスによる法的措置の波紋

ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長は、2四半期に渡る5兆円の損失について「三方ヶ原の戦い」に言及したが、クレディ・スイスとのグリーンシル破綻を巡る法廷闘争は「伊賀越え」になり得る。窮地を救う服部半蔵はいるか。

ブルームバーグ
無料会員 公開

約54兆円の支援は欧州の冬越えを可能にするか

欧州の家庭はこの冬、膨大なエネルギー料金を食い止めるために少なくとも3,760億ユーロ(約54兆円)の政府支援の恩恵を受けることになるが、この支出は十分な救済をもたらさない恐れがある。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

リズ・トラスは英国を立て直すことができるか?

リズ・トラス氏が保守党の党首になるための選挙運動中、彼女のチームは「初日から地ならしする」という約束をツイートした。この投稿の意図しない含意は広く嘲笑され、すぐに修正されたが、英国の新首相が直面する問題の規模を不用意に捉えてしまった。ダウニング街に居を構えるトラス氏の前には、膨大な仕事が待ち受けている。

吉田拓史
無料会員 公開

クレディ・スイスがソフトバンクに怒り法廷闘争に臨む理由

英金融新興企業グリーンシルの破綻は、ソフトバンク・グループ(SBG)とスイス金融大手クレディ・スイスの法廷闘争につながりそうだ。ここでは両者の対立状況を詳しく説明し、保険提供者だった東京海上日動にも災難が及ぶのか検討する。

ブルームバーグ
無料会員 公開

スウェーデンの鉱業問題、EUの国産電池推進を阻む

EUは2年前、スウェーデンの膨大な鉱物資源に注目した。しかし、長い許認可の枠組みや地元の熱心な反対運動により、プロジェクト実施の見通しはこれまで以上に不透明になっていると、鉱山関係者は指摘する。

吉田拓史
無料会員 公開

欧米の制裁はいずれロシア経済に打撃を与える

2月24日にロシアがウクライナに侵攻したとき、ロシアの航空会社の幹部であるオレグ(仮名)は、波乱の予感に身構えた。波乱が起こるのに長くかからなかった。欧米諸国は数日のうちに、彼の会社の航空機の領空への立ち入りを禁止したのである。ロシアでは、航空機の4分の3がアメリカ、ヨーロッパ、カナダからのものであり、修理のために部品が必要だからである。多くのアナリストは、ロシアの航空業界は夏前に崩壊すると予測していた。実際、航空会社は何とか飛行機を運行させ、存続可能な路線を維持している。しかし、いつまでも重力に逆らうことはできない。オレグは、1年か2年のうちに多くの飛行機が安全でなくなると予想している。 ロシア航空の遅かれ早かれの危険な降下は、西側の制裁の陰湿な力を物語っている。2月以来、アメリカとその同盟国は、世界第11位であるロシアの経済をつぶすために、前例のない武器を放ってきた。戦争活動を停滞させ、国民や財閥を抗議に駆り立てた。他の敵国(つまり中国)に同様の悪ふざけをしないようにするためである。クレムリンの取り巻きの資産凍結など、いくつかの制裁は、新しい規模の古い戦術である。金融システムから

ブルームバーグ
無料会員 公開

欧州企業は中国投資を継続 緊張高まるも魅力薄れず

欧州の対中投資は、2つの貿易相手国間の政治的関係の悪化にもかかわらず、今のところ持ちこたえており、企業はデカップリングの脅威を回避する方法を模索している。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ウクライナ侵攻がドイツの劇的変化を引き起こした

ここ数十年のドイツの成功の多くは、道を踏み外さなかったことに起因している。2015年、アンゲラ・メルケル首相は、大量のシリア難民が押し寄せるなか、国の難民政策を変更することを拒んだ。彼女はドアを開けながら、"Wir schaffen das”(私たちは、それを行うことができます)と言った。この発言は、有権者に鋭い安心感を与える一方で、思いやりと自信を映し出し、多くの人に引用された。ドイツはこの異常な事態に対処できるほど強く、安定している。再調整は必要だが、深い変化もなく、深刻なコストもかからないだろう。 今年2月のロシアのウクライナ攻撃がもたらした危機は、また別の次元の話だ。昨年12月にメルケル首相の後任として社会民主党、緑の党、リベラル派の連立政権を率いたオラフ・ショルツ氏は、この変化をいち早く察知した。ロシアの戦車が国境を越えたわずか3日後、彼は”Zeitenwende”(転換点)の到来を宣言したのである。ドイツはウクライナを全面的に支援する、と彼は言った。ロシアを制裁し、自国の軍隊を増強する。それは、貿易を通じた関与政策や日和見主義によって大量の天然ガスをロシアに依存して

ブルームバーグ
無料会員 公開

ロシアの中国へのガス供給は欧州のエネルギー不足を緩和する

ロシアの記録的なガス流量が中国のLNG需要を抑制する、とアクセンチュアは予測。その結果、欧州のLNG調達余地が広がるという。また、欧州の景気後退はガス価格の低下にもつながるだろう。