欧州

ヨーロッパ(Europe)は、北半球に位置する大陸である。ユーラシア大陸の最西端を構成し、北は北極海、西は大西洋、南は地中海、東はアジアに接している。ヨーロッパは、ウラル山脈、ウラル川、カスピ海、大コーカサス、黒海、トルコ海峡の流域によってアジアと隔てられていると一般的に考えられている。この境界線の一部は陸地であるが、ヨーロッパはその物理的な大きさと歴史と伝統の重みから、一般的には完全な大陸としての地位を与えられている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

英国の電力供給停止が示す、よりクリーンなエネルギーグリッドの未来

先週の数時間、英国の消費者は、通常通り電力消費を続けるか、電気を消すかの選択を迫られた。エネルギー供給が特に逼迫すると予想される数時間、電力需要を減らすために何十万もの家庭がこの取り組みに参加した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ミラノ・ブームには暗黒面がある―Rachel Sanderson.

成長、不公平、気候危機の緊張関係は、多くの先進都市で市長に課題を突きつけている。しかし、ミラノでは、それがさらに緊急性を帯びている。イタリアが衰退していく中で、イタリアの牽引役としてのミラノの役割はより重要なものとなっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ESGファンドの格下げにEUの主要投資家グループが苦言

欧州の主要な個人投資家団体は、ESGファンドの再分類が大量に発生し、貯蓄にどのような影響を及ぼすかを把握しようとしている会員がほとんど闇に葬られていると指摘した。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

欧米はいかにして経済成長に愛想を尽かしたか

今年は西側諸国にとって良い年であった。同盟国はロシアの侵略に対抗するために統一戦線を張り、観測筋を驚かせた。権威主義的な中国が毛沢東主席以来の低成長に苦しむ中、アメリカ経済は轟音を響かせている。2016年にブレグジットとドナルド・トランプの当選で始まった豊かな国々でのポピュリズムの波が、まるで頂点に達したかのように見える。 しかし、世界の注目から離れたところで、豊かな民主主義諸国は、経済成長の弱さという深遠でゆっくりと燃え上がる問題に直面している。19年の1年間で、先進国のGDPは2%未満しか成長しなかった。高頻度測定によれば、生活水準向上の究極の源泉である豊かな世界の生産性はせいぜい停滞し、低下している可能性がある。公式予測によれば、2027年までに富裕国の中央値における一人当たりのGDP成長率は年率1.5%未満になるという。カナダやスイスのように、ゼロに近い数字になる国もある。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ウクライナ戦争の終着点は今後数ヶ月間に懸かっている

ウクライナの首脳陣が、前例のない一連のブリーフィングで、今後数カ月に及ぶ重要な時期について英エコノミスト誌に語った。 ロシアは新たな攻勢に向けて人員と武器を増強している。早ければ1月、より可能性が高いのは春で、東部のドンバスから、南部から、あるいは北部の傀儡国家ベラルーシから大規模な攻撃を開始する可能性がある。ロシア軍はウクライナ軍を追い返し、首都キエフを奪還するための再挑戦を行う可能性もある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

血縁の争いに沈む欧州随一の富豪アニェッリ家―Rachel Sanderson

家族はあなたの強みになることもあれば、破滅に導くこともあるのだ。同族会社では、いとこを子会社の社長に据えるのではなく、有能な外部の経営者を据えることが重要であることがわかる。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

エネルギー市場を揺るがす西側諸国のロシア産原油への上限価格設定

2月にロシアがウクライナに侵攻して以来、米国のエネルギー政策は2つの壮大で一見矛盾する目的を追求してきた。1つは、価格が許容範囲にとどまり、制裁に対する国民の支持を強く維持できるよう、世界の石油供給を高く保つことである。もうひとつは、原油を売って得たドルの流れを止めることで、プーチンの戦争マシーンを窒息させることである。というのも、新規生産が少ない中で、供給が需要に密接に追いついているため、石油を市場から排除すれば、機械的に価格上昇を引き起こすからである。それにもかかわらず、西側諸国はこの物理法則に逆らうべく、石油市場に干渉する手段を次々と編み出している。 これまで展開されてきたものは、しばしば断片的で、不快な妥協を伴うものだった。ベネズエラの強権的な政権に対する自国の制裁を破って、米国は11月26日、米大手石油会社シェブロンに同国での生産を拡大する許可を与えた。また、戦略的原油備蓄を大量に放出し、1984年以来の低水準になった。ホワイトハウスの最も生産的でない努力は、湾岸諸国をおだてて石油を増産させることであった。7月にリヤドでジョー・バイデン大統領がサウジの事実上の支配者であるム

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ロシアは統治不能に陥り、カオスに陥る危険性がある

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、2022年2月24日にウクライナに侵攻した際、領土を奪い、主権を奪い、国家のアイデンティティという概念を一掃し、残ったものを破綻国家にすることを目指した。数ヶ月にわたるウクライナの激しい抵抗の後、その国家とアイデンティティはかつてないほど強固になり、プーチン氏がウクライナに与えようとしたすべてのことが、自国を苦しめている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

欧州のエネルギー危機のコストと影響は拡大中

ちょうど5カ月前、ロシアからの天然ガスの流量が激減し、配給制と経済的荒廃が迫るなか、EUは加盟国に対し、11月1日までにガス貯蔵施設を少なくとも80%を満たすよう命じる布告を承認した。そして、その目標はあっさりと達成された。現在、貯蔵施設は95%埋まっており、さらに多くのガスがヨーロッパ沿岸で待機しているタンカーから積み降ろされるのを待っている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

インドを拠点とするTwitterアカウントが英国の暴動を扇動したとの研究報告

英国外から発信された偽アカウントのネットワークが今年初め、英国のある都市でイスラム教徒とヒンドゥー教徒の間の暴力をあおったという研究が波紋を広げている。

吉田拓史
無料会員 公開

スマートシティ構想でも「中国切り離し」が顕在化

ドイツの地方都市デュースブルクは中国によるスマートシティ開発の場で、一帯一路の最西端だった。しかし、中国の経済的関与に対する地政学的リスクの増大により、提携は白紙に戻された。スマートシティでもデカップリングが進んでいる。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

欧州のエネルギー危機はまだ終わっていない

10月中旬、スペイン沿岸で、ゆっくりとした動きのいくつものメタルドームが水平線に浮かび上がった。それは、過冷却された液化天然ガス(LNG)を積んだタンカーで、大陸を横断する前に液体燃料をガスに変える「再ガス化」ターミナルへの配送を待っているところであった。イベリア半島にはヨーロッパ最大の施設があるが、他の地域でも混雑が始まっている。データ会社Kplerによると、ヨーロッパの沿岸に到着するLNGの量は、8月の14万トンから、120万トンまで増えている。今の所、少なくとも乗組員がリラックスできるような美しい天候に恵まれている。ヨーロッパ全土で季節外れの暖かさが続いており、南スペインでは30度を超える日が続いているのだ。