監視

監視社会とは、社会の中で生活する個人や集団の情報を広範囲に収集、記録、保管、分析、活用することで機能している社会のことである。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

「見えない檻」 中国はいかにして未来を取り締まるのか

中国の高度化した人民監視システムは、最先端のものだが、SFの世界ではよくある難問を提起している。もし、未来が実際に起こる前に警察が介入したら、未来が正確に予測されたことをどうやって知ることができるのだろうか?

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

拡大する中国の監視国家 ニューヨーク・タイムズの調査から得られた4つの教訓

ニューヨーク・タイムズの記者は1年以上かけて中国政府の入札書類を調べ、権威主義的な支配を長続きさせるための監視技術のロードマップを明らかにした。中国の監視国家は間違いなく拡大している。

吉田拓史
無料会員 公開

超監視国家に変貌していく米国

AIシステムが世界中で急速に開発・展開されているが、最も成果を挙げている応用先は、皮肉なことに監視(Surveillance)である。米国では、中国の監視国家化への批判が巻き起こったが、実際には、米国も同様のビッグブラザー国家への道を歩んでいる。

吉田拓史
無料会員 公開

グーグルはスマホ位置情報履歴を警察に提供している

アンドロイド携帯の位置情報は、従業員がセンサーボルトと呼ぶGoogleのデータベースに保存されており、人々が携帯電話で位置情報アプリを使用していないときにも収集されている。驚くべきことに、このデータはユーザーが位置情報の履歴をオフにしても保存されており、ユーザーが多大な努力をしなければ削除できない。

吉田拓史
無料会員 公開

SOMPO出資のパランティア、アムネスティが人権侵害に寄与と非難

アムネスティ・インターナショナルは28日、新しいブリーフィング「Failing to Do Right」を発表した。その中で同組織は、データマイニング企業パランティア(Palantir)が移民税関捜査局(ICE)との契約について人権デューデリジェンスを怠っており、同社の技術を通じ、亡命希望者や移民の人権侵害に寄与している危険性が高いと結論付けている。

吉田拓史
無料会員 公開

パランティア、ロス市警が市民監視に利用で波紋

ロス市警の警官は、パランティアの物議を醸している法執行ツールを使用して、警察と接触した人の名前、住所、電話番号、ナンバープレート、友人関係、恋愛、仕事などをリストアップするように訓練されている。ロス市警の警官の半数以上(約5,000人の警官)が、世界最大の監視会社の1つであるパランティア社のアカウントを持っている。

吉田拓史
無料会員 公開

トラッキングを防ぐChrome拡張機能5選

Chromeもサードパーティ製のクッキーを排除する計画は2020年までマタないといけない。その間、オンライントラッキングに対抗する一つの方法は、現在のブラウザにブロッキング技術を導入することだ。これらのブラウザ拡張機能は、オンラインプライバシーを改善するための簡単な第一歩だ。

吉田拓史
無料会員 公開

超監視社会で常時追跡されているあなたが身を守る方法

デジタルの世界で本当に「見えなくなる」ためには、メッセージを暗号化する以上のことをする必要がある。それには、本当のIPアドレスを削除する。ハードウェアとソフトウェアを隠蔽する事が必要だ。オンラインのウェブサイトに接続すると、ハードウェアとソフトウェアのスナップショットがサイトによって収集されることがある。

吉田拓史
無料会員 公開

アマゾン、大規模監視システムを主導した元NSA長官を取締役に迎える

キース・アレクサンダー元国家安全保障局(NSA)長官がアマゾンの取締役会に参加することを、同社は本日の証券取引委員会への提出書類で明らかにした。元国家安全保障局長官であり、米国サイバー司令部の初代司令官でもあるアレクサンダーは、エドワード・スノーデンのリークの際に長官として活躍したが、2013年に公職を引退した。

吉田拓史
無料会員 公開

生体認証による市民監視は不可避

「バイオメトリクスの規制」と題したAI倫理研究機関「AI Now」の新しい報告書では、「バイオメトリクスの規制。グローバルなアプローチと緊急の質問」と題された新しい報告書の中で、AI Now Instituteは、規制擁護派がバイオメトリクスの監視状態は避けられないと考え始めていると述べています。

吉田拓史
無料会員 公開

PalantirはSierと変わらない

Palantirは、成功しているソフトウェア企業とは異なり、個々の顧客に対しカスタマイズされたスケーラビリティの低いビジネスを運営している。260億ドルの高い企業価値とは裏腹に、旧世代のソフトウェア企業であるSierと何ら変わりがない。

吉田拓史
無料会員 公開

NSOグループ、スパイウェアを米大統領警護官に売り込む

イスラエルのサーベイランス会社NSOグループのアメリカ支社であるWestbridge Technologiesは、米テクノロジーメディアMotherboardが入手した電子メールによると、同社の電話ハッキング製品を米大統領の警護を行う執行機関、アメリカ合衆国シークレットサービス(USSS)に売り込みました。