エッセイ

エッセイとは、一般的には自分の主張を書いた文章のことを言いますが、その定義は曖昧で、論文、記事、パンフレット、短編小説などと重なっています。

吉田拓史
無料会員 公開

Twitter買収でSNS時代は大きな節目を迎えた

Twitterがマスクの「慈善事業」でその公共性を正しく満たすための改造を施されようとしている。Facebookはメタバースのための「金づる」となった。SNS時代が大きな節目を迎えたことは確かで、世界は次世代の新しい方法を探している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

イーロン・マスクは経営者としての卓越している - マシュー・A・ウィンクラー

テスラ最高経営責任者であるイーロン・マスクの実績は彼が卓越したビジネスの構築者であり、株主価値の最大化者であることを証明している、とブルームバーグ・コラムニスト、マシュー・A・ウィンクラーは語っている。ときに過激な言動が誤解を招くにしても、だ。

吉田拓史
無料会員 公開

日本のベンチャーエコシステム不在の代償は大きい

2021年は空前のベンチャー投資ブームの年だった。日本はインドの20分の1、東南アジアの10分の1の規模にとどまった。エコシステム不在の代償はとてつもなく大きい。

吉田拓史
無料会員 公開

クロスプレイがゲームを変える

ゲームの消費におけるこの小さな、しかし重要なシフトは、今日の他の非ゲームプラットフォームは、技術的にはユーザー体験を向上させるために互いに通信することができるが、時代遅れのビジネスポリシーや慣行のために「壁に囲まれた庭園」(ウォールドガーデン)の中で保護されたままなのか、という疑問を投げかけている。

吉田拓史
無料会員 公開

アフターコロナの前にまず不況をどうにかしよう

今回の大不況が社会に与えた衝撃は、その後の世界を変えるだろうか。コロナ禍が生んだ変化は、不可逆な変化なのか、それとも元の木阿弥なのか、誰もが知りたいところだろう。

吉田拓史
無料会員 公開

ラッダイト運動の再来?彼らはコンピュータを破壊しかねない

機械による労働の自動化はラッダイト運動の時代に人々の職を奪い、戦後の福祉資本主義の時代に、人々の所得を増やすこと貢献したが、21世紀に入り、またもやラッダイトの時代に逆戻りしてしまった。

吉田拓史
無料会員 公開

アテンション・エコノミーの次は高品質なサブスク デジタルメディアの未来 #6

インターネット広告のモデルは、利用者のアテンションを収奪し、それをチップに変えるゲームに飲み込まれてしまっています。しかし、それも終わりが近づいているでしょう。フィルターバブル、フェイクニュース、トロール、スマホ依存など負の影響が蔓延したからです。

吉田拓史
無料会員 公開

メディア会社は経営統合するヤフーやLINEと組むべき? それとも? デジタルメディアの未来 #2

合併は「勝者連合」ではありません。日本のインターネット広告の一角が統合するに過ぎず、彼らが大きな影響力を獲得するわけではない。合併の後でも、メディア会社は、今引かれている線が奇妙なところに引かれていることを、主張することは全然可能です。合理的に自らの利益を追求することが求められています。

吉田拓史
無料会員 公開

ディーラーをやっつけろ!胴元の優位を崩す数学

数学者でヘッジファンドマネジャーのエドワード・ソープはブラックジャックで、基本戦略、カードカウンティング、ベッティングシステムの3つの混合戦略により、プレイヤー側が優位に立てることを発見しました。

吉田拓史
無料会員 公開

権威主義と監視技術が融合したときビッグブラザーが生まれはしないか?

権威主義的な権力が「ビッグブラザー」として市民を従わせるために監視を使うのなら「個人の自由 vs 権力」という懐かしい近代の出来事になる。あるいはもっと悪いことになる。

吉田拓史
無料会員 公開

なぜ僕が仮想通貨コンテンツプラットフォームを作ろうとし、それをやめたのか

暗号通貨は既存の金融機関のシステムから完全に分離しています。インターネット上で起きている人々の行動・需要に即した仕様をゼロから描けるという利点があります。