米国

ブルームバーグ
無料会員 公開

景気刺激策で米国人は5兆ドルの現金を手に入れた

パンデミック直前の2019年第4四半期、アメリカの家庭は普通口座に約1兆ドルを保有していた。連邦準備制度理事会からこれらの統計が得られる直近の期間である今年第2四半期までに、その額は4兆7000億ドルにまで跳ね上がった。

ブルームバーグ
無料会員 公開

米HP、最大6000人の雇用削減を計画―PC需要低下で業績見通し悪化

米コンピューターメーカーのHPは、向こう3年間で最大6000人の人員を削減する方針を明らかにした。パソコン需要の低下が業績に響いている状況が浮き彫りになった。

ブルームバーグ
無料会員 公開

トランプ氏の出馬宣言は「自分は消えない」という念押し―Timothy L. O'Brien

ドナルド・トランプは14日夜、前回のホワイトハウスの残り火が燃え続けるなか、2024年に2度目のホワイトハウス入りへの支持を有権者に求める予定であると世界に発信した。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

中間選挙を経て米国とその民主主義は強靭化したようだ

中間選挙の直前、ドナルド・トランプはオハイオ州で集会を開いた。「我が国は第三世界になりつつある」と有権者に語りかけた。その後、彼はまもなく大統領選への再出馬を表明することをほのめかした。このような人物を党首とする政党に、どのような問題があるだろうか。あるいは、主要な支持者は2020年の大統領選挙を「盗まれた」と蒸し返すことに熱心で、トランプに忠実であることを主な理由に上院の重要な議席の候補者たちを選ぶ政党にはどのような問題があるだろうか。

ブルームバーグ
無料会員 公開

加洲のテック大富豪、EVのための課税に反対

LyftとUber、そして多くの赤字のオンデマンドプラットフォームの同業者は、ベンチャーキャピタルの大盤振る舞いで何年も生き延び、その資金を得るために成長した。今回の提案は、ある意味で同じような資金の移動であり、それが州の財源を経由していることを除けば、である。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

Appleの中国との関係の終焉

チェンナイからベンガルールへ向かう埃っぽい道路の脇に、3つの巨大な無名のビルが建っている。交通の喧噪から離れたこの建物は、台湾のメーカー、Foxconnが運営するハイテク施設だ。少し離れたところには、同じく台湾のハイテク企業、ペガトロンが広大な新工場を建てている。フィンランドのガジェット・メーカー、サルコンプもこの近くにある。さらに西に進むと、インドのコングロマリット、タタの500エーカー(約203ヘクタール)に及ぶ工場がある。これらの施設に共通しているのは、「果物の会社」と呼ばれる、要求が厳しく秘密主義の米国企業である。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

バイデン政権、過去数十年で最大の米経済の大改革を試みる

1月のある雪の日、ジョー・バイデンはピッツバーグを訪れ、アメリカのインフラ整備計画について話す予定だった。そのわずか数時間前、市内の橋が崩落した。5台の車と1台のバスがその下の渓谷に転落した。幸いにも死者は出なかった。 10月20日、バイデン氏は事故現場を訪れた。通常、復興には少なくとも2年かかると言われている。しかし、バイデン氏が署名した120億ドルのインフラ投資のおかげで、今回はクリスマスまでに橋を復旧させられると自慢することができた。「あまりに長い間、我々は世界最高の経済を構築することを語ってきた」と彼は言った。「しかし、我々はついにそれを成し遂げようとしているのだ」。 それは国民の見方でないことは間違いない。中間選挙が近づくにつれ、経済に対する否定的な見方が、議会の主導権を民主党から共和党に移す決定的な要因になるかもしれない。世論調査によると、有権者の最大の関心事は「経済」である。最近のインフレ、あるいは一部の攻撃広告が名付けた「バイデンフレーション」の高騰は、一向に収まる気配がない(図表1参照)。一方、バイデン氏のアジェンダの多くは道半ばにある。プレキンダーガーデン

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国のスパイが米司法省のファーウェイ捜査の情報を盗もうとしたと米国が主張

米国は、中国の情報機関職員2人がファーウェイ・テクノロジーの犯罪捜査を妨害しようとし、他の職員は「外国勢力」のために働いて技術調達やスパイの勧誘を試みていたとする告発状を公開した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

米司法省、トランプ氏を司法妨害で訴追する十分な証拠確保-関係者

米司法省ではトランプ前大統領を司法妨害で訴追するための十分な証拠を得ていると複数の検察官が判断している。ただ実際の訴追につながるかどうかは全く分からない。

吉田拓史
無料会員 公開

米国は半導体関連の禁輸を過去最大級に拡大、中国つぶし露骨に

米国は中国への半導体やチップ製造装置の販売に過去最大級の大幅な制限を設け、中国が重要な技術にアクセスするのを抑制しようとした。中国が重要技術を国内に集約し切る前にデカップリングする戦略と考えられる。

吉田拓史
無料会員 公開

米政府、最速で今週中に対中国の半導体禁輸措置を拡大か

米国は中国のAIおよびスーパーコンピュータ産業に寄与する半導体と半導体装置をめぐる新たな制限を計画中で、早ければ今週中にも発表される可能性がある、と複数の米メディアが4日報じた。

編集部
無料会員 公開

米国で暗号資産採掘の大量の電力消費が批判の的に

世界中を熱波が襲い、気候変動への関心が高まる中、中国に変わって暗号通貨マイニング(採掘)の中心地となった米国では、採掘が引き起こす大量の電力消費と炭素排出が批判の的になっている。