米国

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

トランプ氏を失った米極右は武力闘争から選挙運動に路線転換

デンバーにある日当たりの良い不動産事務所に15人ほどが集まり、講義を受けるかのように席に着いて正面を向いた。それから3時間、説教と陰謀論者たちのサポートグループが繰り広げられる。参加者は、自分が気になっている出来事や奇妙なことについて話す。彼らの説明によると、世界経済フォーラムは世界政府を主導しようとしている、コロラド州の予備選挙は不正操作された、法王、そしておそらくジョー・バイデンはホログラムだ、そして社会はカニバリズムから2週間しか経っていない、とのことである。 この集会は、連邦政府によって個人の権利が侵食されることを恐れる人々のためのネットワーク「ピープルズライツ」の地方会合である。アイダホ州の知事候補であるアモン・バンディの発案で、2014年にネバダ州の家族の牧場で、2016年にオレゴン州の野生生物保護区で、連邦政府に対する武装スタンドオフを主導したことで知られる。同グループの最大の売りは、メンバーが身の危険を感じたら、同胞を呼び出して助けを求めることができる「ダイヤル・ア・ミリティア」機能である。 この会合を率いたチャールズ・タッパンはバンディを否定し、このグループ

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

アメリカの雇用ブームが続き、持続的なインフレへの懸念が高まる

悲観的な見方をすれば、FRBは失業率の測定値がNAIRUレベルに近づくまで利上げを続けなければならないかもしれない、ということである。そうなれば、何百万人もの人々が職を失うことになる。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

可決濃厚の50兆円法案は米国がとる最も野心的な気候変動対策となる

水曜日に上院で合意が発表されたことで、気候変動と戦うための世界的な努力における米国の役割は再度モメンタムを得た。地球が破滅的に過熱するのを食い止めようとする、米国がこれまでに取った最も野心的な行動となるであろう。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

米民主党は党内の過激派に迎合するのをやめるべきだ

どの大統領も歴史的な存在になりたいと願っているが、ジョー・バイデンのような歴史的な存在にはなれない。バイデンの唯一の功績は、現職の大統領として1950年代以降で最も低い支持率を獲得したことだ。民主党議員でさえ、67%が経済が停滞していると考え、78%が国が間違った方向に向かっていると考え、64%が2024年に別の大統領候補が大統領選挙に出ることを望んでいる。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

デタラメの経済 - ポール・クルーグマン

実際、経済データのばらつきが大きいので、経済評論家(私も含めて)は信じたいことを信じる異常な自由がある。聞きたいことを教えてくれる数字を選んで、一時凌ぎに上辺だけを取り繕うだけである。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

トランプ氏が武装した支持者を議事堂に促した、ホワイトハウス補佐官が証言

ホワイトハウスの元補佐官がドナルド・トランプ前大統領が、彼の支持者が武装し暴力によって脅かすことを知りながら、彼らに議事堂への行進を促し、副大統領を吊るし上げることを要求する際に内々に彼らの味方になったと非難する説明を行った。