日本

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

かつて日本経済を引っ張った経産省は影響力を再発見できるか?

1970年代初頭から1980年代後半のバブル崩壊まで、日本経済の「奇跡」を築いた通商産業省は米国との貿易摩擦の末に影響力が弱体化した。岸田内閣の中で枢要な地位を持つ経産官僚たちは長期停滞する経済を活性化できるのだろうか?

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

岸田首相、地元ベンチャーに「アニマルスピリッツ」を喚起しようとする

日本のスタートアップ業界は長い間未発達であり続けた。ソフトバンクグループの孫正義氏でさえ、このシーンはあまりに未熟であるためほとんど敬遠している。岸田文雄首相が資本主義の「アニマルスピリッツ」を呼び起こすべき格好の場所だ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

インベスト・イン・キシダ? 日本はまずイーロン・マスクを説得する必要がある:ギアロイド・レイディ

世界一の富豪が「いつか消滅する」と言う国に、日本の首相が投資家を呼び込むにはどうしたらいいのだろうか。そのためには、演説やそこそこのキャッチフレーズ以上のものが必要だろう。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ソフトバンク・ビジョン・ファンド、孫氏の賭けが失敗し、過去最大の損失を計上

ソフトバンク・グループは、ハイテク株の世界的な売り越しにより、クーパンやディディ・グローバルなどの公開株式の価値が下落し、ビジョン・ファンド部門の年間損失が過去最高となった。

ブルームバーグ
無料会員 公開

東芝、ブラックストーンとKKRが共同入札を検討する中、支援銀行を追加

ブラックストーンが日本のコングロマリットに対する共同入札でKKRとの提携を模索する中、東芝が買収案件の評価を支援する銀行を追加選定したと、この件に詳しい関係者が明らかにした。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

原発が必要な日本は地元の信頼を再び得られるのか?

福島第一原発の事故以来初めて、日本国民の大多数が原発の再稼働に賛成している。これは、世界第3位の経済大国が、地政学的混乱の中で限られた資源と向き合い、電力を維持するのに苦労しているという認識が広がっていることを示している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ソフトバンクGが支出削減し新興企業が資金繰りに窮する

ソフトバンクの財布の紐が固くなり、カメラメーカーの米ライトが資金繰りに窮している。ビジョンファンドのシフトは、より多くの投資先企業に問題をもたらすだろう。

ブルームバーグ
無料会員 公開

円安は日本企業にとってあまりメリットがない

経済が変化する中で、もはや円安は日本企業にとってあまりメリットがなくなった。多くの製造業にとって明確なメリットではなく、ファーストリテイリングCEOの柳井正は、コスト増を転嫁するのは困難と語っている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

高齢化する日本の億万長者は自分が必要不可欠だと考えている、それが問題だ - ギアロイド・レイディ

この国で最も勤勉な企業創業者たちは、立ち去るべき時を知らない。日本の高齢化した億万長者は、自分たちが必要不可欠な存在だと考えている。それが問題だ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

日本のエネルギー主導のインフレ率は2年ぶりの高水準に

日本のエネルギー価格主導のインフレは2年ぶりの高水準に達した。エネルギー価格は物価全体を約1.5%ポイント押し上げた。円安は家計や企業のコスト上昇を増幅している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中銀カプセルタワービルを壊すことはいいことだ - ギアロイド・レイディ

歴史のある中銀カプセルタワービルの取り壊しが始まった。このような短いサイクルで古い建物を間引いていく政策のおかげで、日本の首都は常に再生され、不動産はより安全で、より手頃な価格になっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

東芝を非公開化することの逆説 - ギアロイド・レイディ

東芝はアクティビストと政府の間で立ち往生している。日本政府が歩み寄るのか、それともアクティビストが日本主導の入札でうまくいく方法を見いだすのかはまだ分からない。経営陣が厳しい決断を下す意欲を示す必要がある。