日本

吉田拓史
無料会員 公開

三方ヶ原の次は伊賀越え:ソフトバンクへのクレディ・スイスによる法的措置の波紋

ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長は、2四半期に渡る5兆円の損失について「三方ヶ原の戦い」に言及したが、クレディ・スイスとのグリーンシル破綻を巡る法廷闘争は「伊賀越え」になり得る。窮地を救う服部半蔵はいるか。

吉田拓史
無料会員 公開

クレディ・スイスがソフトバンクに怒り法廷闘争に臨む理由

英金融新興企業グリーンシルの破綻は、ソフトバンク・グループ(SBG)とスイス金融大手クレディ・スイスの法廷闘争につながりそうだ。ここでは両者の対立状況を詳しく説明し、保険提供者だった東京海上日動にも災難が及ぶのか検討する。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ソフトバンクの巨額損失は孫正義氏のビジネスモデルの破綻を露呈している - Max Chafkin

SBGは、技術革新に対する楽観的な見方と、投資先企業が互いに助け合うという考え方から、洗練された投資哲学を持っていると思われがちである。しかし、実際は、新興産業に莫大な資金を投入して支配しようとするだけだった。

吉田拓史
無料会員 公開

一時代の終焉:孫正義とジャック・マーは主役じゃなくなった

孫正義とジャック・マーの蜜月が終わりつつある。2020年代に入ってからの環境の急変が、両者を主役の座から引きずり下ろした。東アジアから東南アジア、インドまで版図を広げた強力なタッグはいま、「長いお別れ」が避けられなくなった。

ブルームバーグ
無料会員 公開

安倍氏国葬と靖国参拝を巡る論争を終わらせよう - ガロウド・リーディ

第二次世界大戦の終結を記念することは、日本では微妙な瞬間である。この国は80年近く経った今でも、戦没者をどう悼むかについて合意が得られていないのである。そして、殺害された元首相をどう称えるかは、今やもう一つのテーマだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

孫正義氏、ビジョン・ファンドへの個人的投資で40億ドル失う

孫正義氏は、自身の報酬を増やすためにソフトバンク・グループ(SBG)で立ち上げた一連のサイド・ディールで40億ドル(約5,330億円)以上の損失を出し、テクノロジー市場の幅広い低迷が引き金となった痛手を受けている。

編集部
無料会員 公開

ソフトバンクGはMBO再検討もありうる - FT報道

ソフトバンクグループ(SBG)創業者の孫正義は技術複合企業のマネジメントバイアウト(MBO)を再検討する可能性があるとフィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ソフトバンクGの次の課題は非上場株の値下がり

日本の巨大企業の非上場企業投資はますます精査されるようになり、何十億ドルもの損失につながると予想するアナリストがいる。プライベート資本市場は上がるのに時間がかかり、下がるのにも時間がかかるという。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ソフトバンクGの人材流出が深刻化、孫氏へプレッシャーも

ソフトバンク・グループは経営幹部を次々と失い、ビジョン・ファンドの内部収益率(IRR)は低迷が続く。社内では、創業者・孫正義氏への権力集中が進み、 孫の関心はファンドからArmへと移っているという。

ブルームバーグ
無料会員 公開

財務省・齋藤通雄理財局長インタビュー:日銀の国債買い入れ減少に備えるべき

「Mr.日本国債」の齋藤通雄理財局長は日銀の国債買い入れ減少に市場は備えるべきと指摘。日銀が国債の主要な買い手でなくなる時期が来ると齋藤は言う。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ソフトバンクGのディールフローが半減 ポートフォリオの大損失以降

ソフトバンク・グループのビジョン・ファンドの投資件数は4-6月に半減した。世界最大の新興企業投資家がリスク許容度を低下させたためだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ソフトバンクのラジーブ・ミスラに次の機会が訪れた理由 - Shuli Ren

元ドイツ銀のクレジット・トレーダーであるソフトバンクのラジーブ・ミスラは実績は決して十分ではないが、自身のファンドへのソブリン・ファンドの出資を手に入れることに成功した。