日本

ブルームバーグ
無料会員 公開

エネルギー高がスキー場の経営を圧迫

日本の電気代とガス代はともに前年比20%以上の上昇を続け、過去1年間で米ドルに対して約12%の円安が進行している。国内の多くの小規模なスキー場は、特に厳しい状況に置かれている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

日本のCEOは実力主義的な給与体系を検討し始めた

日本の企業経営者は、インフレの中で賃上げの圧力が高まる中、従業員に実力主義で賃金を支払う必要性を強く訴えるようになっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

黒田総裁の急激な手綱さばきの変化がもたらしたもの―Daniel Moss

日銀は世界に恩恵を与えたかもしれない。日銀が超金融緩和政策を抑制する衝撃的な動きは、我々に驚きを垣間見せた。2023年には、今回のような衝撃的な出来事ほどではないにしても、スリルと波乱が起こるだろう。

ブルームバーグ
無料会員 公開

【インサイト】黒田ショック後のバランスシート膨張をどう抑制するか

来年4月に就任する日本銀行の新総裁は、日本の国内総生産(GDP)の123%に膨らんだバランスシートを引き継ぐことになりそうだ。黒田東彦総裁が行った壮大な資産買い入れ政策の遺産は、20日の黒田ショック時に大幅に増額した国債買い入れによって更に拡大する見込みだ。

吉田拓史
無料会員 公開

ソフトバンクGの財務健全性指標LTVの謎は…すべて解けた!

SBGは、財務健全性の指標に使うLTV(Loan to Value)を15%と発表しているが、私が算定した独自のLTVは43〜52%のレンジを指している。LTVが反映しない潜在的なリスクを考慮すると、内実はもっと悪いかもしれない。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

日中の経済関係が安全保障上の問題でますます損なわれている

東京・上野動物園のパンダの赤ちゃん、シャオシャオとレイレイには、重厚な外交の系譜がある。彼らの前身であるカンカンとランランは、1972年、かつての敵対国であった中国との国交正常化を記念して、中国の統治者から日本に贈られた。当時、動物園の緑豊かな敷地には、彼らを見るための行列が1キロメートルも続いていた。 それ以来、アジアの2つの経済大国の関係は、ある面では幸福な共生関係にある。日本の援助と投資が中国の近代化を助け、中国市場の拡大が日本の成長を促した。昨年、中国は日本の最大の貿易相手国であり、日本は中国の第二の貿易相手国として、二国間貿易額は3,910億ドルという10年ぶりの高水準に達した。しかし、尖閣諸島や釣魚島、台湾の地位、日本の戦時中の侵略の記憶など、半世紀前の関係をいまだに緊張させる領土や歴史に関する意見の相違は解決されていない。そして、中国の習近平国家主席のもとで、この問題はさらに悪化している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

孫正義氏のソフトバンクG非上場化はデルよりマスクに似ている―Gearoid Reidy

SBGの取引は、イーロン・マスクが最近行ったTwitterの買収のような形になるかもしれない。この買収額の大部分は借金でまかなわれ、Twitterは335億ドルの負債を抱えることになった。

吉田拓史
無料会員 公開

ソフトバンクGのガバナンスが問われている

ソフトバンクグループ(SBG)の企業統治(ガバナンス)が問われている。破綻したグリーンシルとワイヤーカードを利用した物議を醸す行動や、孫正義氏ら経営陣による会社を利用した個人的利益の追求は、同社の評判を損ねている。

吉田拓史
無料会員 公開

サイバー、W杯巨額投資をオンライン賭博事業で取り返せるか

サイバーエージェントのワールドカップ(W杯)の無料放映が注目を集めている。アベマの評判を高めた一方、投資回収を危ぶむ声もある。急速に成長するオンライン賭博事業が救世主となるかもしれない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

日本はただ単に観光客を集めるだけでなくジャック・マーのような億万長者に狙いを定めろ―Gearoid Reidy

ジャスティン・ビーバーからジャック・マーまで、最近の日本では外国人観光客の姿があちこちで見られるようになった。日本には超富裕層を惹きつける魅力がたくさんある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ソフトバンクのドラマの日々は終わった―Gearoid Reidy

後藤氏に引き継いだ孫氏のスピーチには、時代の終わりを感じるものがあった。ブロードバンドサプライヤー、携帯電話事業者、投資大手と、これまで何度も生まれ変わってきたソフトバンク。次の生まれ変わりは、単に少し退屈なだけなのかもしれない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

日銀にチャンス到来との声、金融緩和修正-円安反転で動きやすく

米長期金利低下と円安反転で日本銀行の大規模金融緩和の修正観測が沈静化する中、市場からの圧力が低下している時期こそ修正に踏み切るチャンスとの声が市場関係者の一部で出ている。