国家安全保障

安全保障とは、ある集団・主体にとっての生存や独立、財産などかけがえのない何らかの価値を、脅威に晒されない様にから何らかの手段によって守ることを主に指すが、その概念は非常に多様である。

吉田拓史
無料会員 公開

アジアで繰り広げられるミサイル競争 - Gearoid Reidy

中国の習近平国家主席が3期目の政権を確保した後、和解を試みるか、さらなる威嚇を行うか、日韓台にどうアプローチするかも重要である。事態は危険水域でヒートアップするばかりである。

ブルームバーグ
無料会員 公開

兵士によるTikTokの利用はセキュリティリスクをもたらすと米規制当局が証言

軍によるTikTok利用は安全保障上のリスクを米規制当局が証言。FCC委員のカー氏は位置情報が北京に流れる可能性を指摘した。TikTokは個人の端末に「浸透している」とカー氏が下院小委員会で証言している。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

プーチン氏が作り出した核の新時代

ウクライナへの侵攻は、この倦怠感に拍車をかけている。プーチン氏がハッタリだとしても、彼の脅しは非核保有国への安全保障をむしばむ。脆弱な国家に核武装する余分な理由を与えることになるからだ。

編集部
無料会員 公開

中国はTSMCを“取り戻す”べきとの強硬論が登場

中国政府系研究機関のエコノミストは、米国が中国に対してロシア並みの制裁を行った場合、台湾積体電路製造(TSMC)を接収するよう当局に要請した。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

岸田首相、ムードの変化を利用し日本の防衛姿勢を変える

ロシアのウクライナ侵攻を受け、控えめな岸田首相が予想以上に大胆な行動に出た。地政学的な状況や国民の意識の変化は、より穏健な岸田氏に、日本の防衛力に持続的な影響を与える大きなチャンスを与えるかもしれない。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

安倍元首相が安保と経済で持論を展開 英エコノミスト誌インタビュー

安倍晋三は、2012年から2020年まで、日本の歴史上最も長く首相を務めた。2012年から2020年まで総理大臣を務め、持病のため退任したが、すぐに国会議員に復帰した。現在も日本の政界で圧倒的な存在感を示している。与党・自由民主党の最大派閥を率いる。また、その政策思想の多くは、彼の在任期間を超えてもなお、生き続けている。現在の安倍氏は、アメリカの核兵器を日本が受け入れる可能性や、台湾の危機における日本の役割など、かつてはタブーとされていた話題に踏み込み、より積極的な安全保障政策の必要性を声高に主張している。 エコノミスト誌は、日本の外交・安全保障政策とその遺産について議論するため、安倍氏と現在の職場である、首相時代の多くの記念品で飾られた標準的な議員会館で面会した。インタビューは、ウクライナ侵攻が日本でどのように受け止められているか、日本の防衛政策はどのように進化しうるか、といった話から始まった。そして、アメリカ、中国、ロシア、韓国との関係にも話が及んだ。また、安倍氏が残した遺産や、岸田文雄現首相が「アベノミクス」と呼ばれる安倍氏の経済政策から脱却しようとしているのかにつ

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

安倍元首相が日本の安保政策に依然として影を落としている

今週、ジョー・バイデン大統領が東京を訪問した際、メニューは広島出身の岸田文雄首相の好みを反映したものとなった。広島牛のフィレ肉、広島野菜、広島レモンソーダがあった。しかし、その議題は、2012年から2020年まで日本を率いた元首相、安倍晋三に負うところが大きい。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

渦中のアブラモビッチがウクライナ・ロシア間の協議で奇妙な役割を担う

イスタンブールで行われたウクライナとロシアの協議に、制裁を受けたチェルシーフットボールクラブのオーナー、ロマン・アブラモビッチが謎の姿で現れ、非公式の役割を担っていると言われている。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

核抑止力に伴うとてつもないリスクとコスト

今回の戦争は欧州の安全保障秩序を根底から覆す可能性が高い。また、核兵器がいかに現実的な防護手段でないかを示している。世界は核兵器がない方がよいのだ。

吉田拓史
無料会員 公開

銃搭載のロボット犬が爆誕

銃を搭載したロボット犬が登場した。偵察用としては各国軍の採用例があるが、戦闘用はまだ知られていない。危惧すべき殺人ロボット兵器の新たなる一歩か?

吉田拓史
無料会員 公開

パランティア、SOMPO出資時の2倍の”参照価格"

ニューヨーク証券取引所は29日、パランティアの直接上場の基準価格は1株あたり7.25ドルであると発表した。完全希薄化後の発行済株式数21.7億株(未確定オプションと株式を含む)に基づくと、参照価格は157億ドルの企業価値を示すことになり、7月の日系損害保険大手SOMPOが投資したときの企業価値75億ドルの二倍の水準だ。

吉田拓史
無料会員 公開

IT後進国日本、サイバーパワー指数で世界9位

ハーバード大学のベルファーセンターが新たに発表した「国家サイバーパワー指数」では、30カ国を野心と能力のレベルでランク付け。コンピュータネットワーク内やネットワークを介して危害を加える能力などを指標化した