国家安全保障

安全保障とは、ある集団・主体にとっての生存や独立、財産などかけがえのない何らかの価値を、脅威に晒されない様にから何らかの手段によって守ることを主に指すが、その概念は非常に多様である。

ブルームバーグ
無料会員 公開

北朝鮮はロシアへの武器売却でライフラインを得る可能性がある

ロシアがウクライナに向けて発射する武器を探していることは、北朝鮮にとって生命線となり得る。比較的控えめな武器取引であっても、資金不足で停滞する北朝鮮経済を成長へ引き上げるのに役立つだろう。

ブルームバーグ
無料会員 公開

米独の戦車提供がウクライナ戦争の膠着を打破する

米国とドイツはウクライナに主力戦車を提供すると発表する構えで、キエフにロシアに対抗する強力な新兵器を提供するとともに、同盟国の結束を分断する恐れがあった不一致を克服することになる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

SNS企業はブラジルの反乱で同じ失敗を繰り返した―Parmy Olson

ジャイル・ボルソナロ前大統領の支持者が8日にブラジルの国家中枢機関を襲撃した事件の余韻が残る中、そこに2021年1月6日の米国議会議事堂での反乱のデジャヴュを見いださずにはいられない。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

イーロン・マスクの人工衛星はウクライナを救い、戦争をどう変えたか

スターリンクは、世界の不思議の一つであり、正確には世界の外側にある。現在3,335機の衛星が稼働中で、稼働中の衛星の約半数がスターリンクである。この半年間で、平均して週に20機以上のペースで新しい衛星が追加されている。スターリンクを開発したスペースXは、45カ国の消費者にオフグリッドの広帯域インターネットアクセスを提供する方法として、スターリンクを提供している。100万人ほどが加入者になっている。 そして現在、このシステムを流れるトラフィックの大部分はウクライナからもたらされている。スターリンクは、ロシアの侵攻に対する同国の軍事的・民事的対応に不可欠な存在となっている。スペースXの創業者であるイーロン・マスクが愛する火星探査の費用を捻出するための天空の副業として構想されたこのシステムは、ウクライナの反撃を可能にするだけでなく、反撃の方法を形成し、ユビキタス通信の軍事的可能性を明らかにするものだ。アメリカの国防次官補(宇宙政策担当)であるジョン・プラムは、「これは本当に新しく、興味深い変化です」と述べている。 このような変化は、ウクライナのミハイロ・ フェドロフ副首相兼デジタル

ブルームバーグ
無料会員 公開

8年間の準備期間で鍛え上げられたウクライナ軍の戦闘力

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が2014年に無名の軍隊をウクライナに派遣し、最初はクリミア、次にドンバス東部の国境地帯に派遣したとき、彼らはより優れた装備、訓練、組織を持っており、ウクライナを粉砕した。

吉田拓史
無料会員 公開

アジアで繰り広げられるミサイル競争 - Gearoid Reidy

中国の習近平国家主席が3期目の政権を確保した後、和解を試みるか、さらなる威嚇を行うか、日韓台にどうアプローチするかも重要である。事態は危険水域でヒートアップするばかりである。

ブルームバーグ
無料会員 公開

兵士によるTikTokの利用はセキュリティリスクをもたらすと米規制当局が証言

軍によるTikTok利用は安全保障上のリスクを米規制当局が証言。FCC委員のカー氏は位置情報が北京に流れる可能性を指摘した。TikTokは個人の端末に「浸透している」とカー氏が下院小委員会で証言している。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

プーチン氏が作り出した核の新時代

ウクライナへの侵攻は、この倦怠感に拍車をかけている。プーチン氏がハッタリだとしても、彼の脅しは非核保有国への安全保障をむしばむ。脆弱な国家に核武装する余分な理由を与えることになるからだ。

編集部
無料会員 公開

中国はTSMCを“取り戻す”べきとの強硬論が登場

中国政府系研究機関のエコノミストは、米国が中国に対してロシア並みの制裁を行った場合、台湾積体電路製造(TSMC)を接収するよう当局に要請した。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

岸田首相、ムードの変化を利用し日本の防衛姿勢を変える

ロシアのウクライナ侵攻を受け、控えめな岸田首相が予想以上に大胆な行動に出た。地政学的な状況や国民の意識の変化は、より穏健な岸田氏に、日本の防衛力に持続的な影響を与える大きなチャンスを与えるかもしれない。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

安倍元首相が安保と経済で持論を展開 英エコノミスト誌インタビュー

安倍晋三は、2012年から2020年まで、日本の歴史上最も長く首相を務めた。2012年から2020年まで総理大臣を務め、持病のため退任したが、すぐに国会議員に復帰した。現在も日本の政界で圧倒的な存在感を示している。与党・自由民主党の最大派閥を率いる。また、その政策思想の多くは、彼の在任期間を超えてもなお、生き続けている。現在の安倍氏は、アメリカの核兵器を日本が受け入れる可能性や、台湾の危機における日本の役割など、かつてはタブーとされていた話題に踏み込み、より積極的な安全保障政策の必要性を声高に主張している。 エコノミスト誌は、日本の外交・安全保障政策とその遺産について議論するため、安倍氏と現在の職場である、首相時代の多くの記念品で飾られた標準的な議員会館で面会した。インタビューは、ウクライナ侵攻が日本でどのように受け止められているか、日本の防衛政策はどのように進化しうるか、といった話から始まった。そして、アメリカ、中国、ロシア、韓国との関係にも話が及んだ。また、安倍氏が残した遺産や、岸田文雄現首相が「アベノミクス」と呼ばれる安倍氏の経済政策から脱却しようとしているのかにつ

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

安倍元首相が日本の安保政策に依然として影を落としている

今週、ジョー・バイデン大統領が東京を訪問した際、メニューは広島出身の岸田文雄首相の好みを反映したものとなった。広島牛のフィレ肉、広島野菜、広島レモンソーダがあった。しかし、その議題は、2012年から2020年まで日本を率いた元首相、安倍晋三に負うところが大きい。