国家安全保障

安全保障とは、ある集団・主体にとっての生存や独立、財産などかけがえのない何らかの価値を、脅威に晒されない様にから何らかの手段によって守ることを主に指すが、その概念は非常に多様である。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

渦中のアブラモビッチがウクライナ・ロシア間の協議で奇妙な役割を担う

イスタンブールで行われたウクライナとロシアの協議に、制裁を受けたチェルシーフットボールクラブのオーナー、ロマン・アブラモビッチが謎の姿で現れ、非公式の役割を担っていると言われている。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

核抑止力に伴うとてつもないリスクとコスト

今回の戦争は欧州の安全保障秩序を根底から覆す可能性が高い。また、核兵器がいかに現実的な防護手段でないかを示している。世界は核兵器がない方がよいのだ。

吉田拓史
無料会員 公開

銃搭載のロボット犬が爆誕

銃を搭載したロボット犬が登場した。偵察用としては各国軍の採用例があるが、戦闘用はまだ知られていない。危惧すべき殺人ロボット兵器の新たなる一歩か?

吉田拓史
無料会員 公開

パランティア、SOMPO出資時の2倍の”参照価格"

ニューヨーク証券取引所は29日、パランティアの直接上場の基準価格は1株あたり7.25ドルであると発表した。完全希薄化後の発行済株式数21.7億株(未確定オプションと株式を含む)に基づくと、参照価格は157億ドルの企業価値を示すことになり、7月の日系損害保険大手SOMPOが投資したときの企業価値75億ドルの二倍の水準だ。

吉田拓史
無料会員 公開

IT後進国日本、サイバーパワー指数で世界9位

ハーバード大学のベルファーセンターが新たに発表した「国家サイバーパワー指数」では、30カ国を野心と能力のレベルでランク付け。コンピュータネットワーク内やネットワークを介して危害を加える能力などを指標化した

吉田拓史
無料会員 公開

米PR会社、ボリビアとベネズエラの選挙に絡んでフェイスブック工作を実行

スタンフォードインターネット監視機関は、公開された記録に基づいて、政治的動乱に関連して不穏な行動をとっていたFacebook上のアセットの一部をCLS Strategiesの担当者と結びつけ、この会社がボリビア政府のために働いていた、または働いていたと判断した。

吉田拓史
無料会員 公開

NSOグループの秘匿された「フロント企業」

イスラエルの悪名高いスパイウェア企業NSO Groupの管理下にあるハッキング/監視会社Circles Bulgariaと、ロンドンのクラウドベースのインターネット接続とサイバーセキュリティ会社FloLiveは、全く異なる2つの事業に見える。しかし、多くの国にまたがる網の下では、この2社は密接につながっているように見え、プライバシー、防諜、サイバーセキュリティに深刻な懸念をもたらしている。

吉田拓史
無料会員 公開

Palantirは赤字上場、2019年の純損失は5億8,000万ドル

国防総省や中央情報局(CIA)との強いつながりを持つデータマイニング企業、パランティアは2003年の創業以来、一度も利益を上げていない。パランティアの2019年の収益は7億4250万ドルで、前年比25%近く増加した。その年の純損失は5億8,000万ドルで、2018年とほぼ同じだった。

吉田拓史
無料会員 公開

ドイツ、「デジタル主権」を強化するサイバーセキュリティ機関を発足

ドイツは11日、同国の安全保障に対するサイバー脅威に対抗するための連邦機関を立ち上げたと発表した。2023年までに3億5000万ユーロ(4億1200万ドル)の初期資金援助を受けるこの機関は、最初は東部都市ハレに本部を置き、長期的にはライプツィヒ/ハレ空港に移転する予定だ。

吉田拓史
無料会員 公開

北朝鮮のハッキンググループがイスラエルの防衛産業を攻撃

イスラエルは12日、北朝鮮にリンクされたハッキンググループによる防衛産業の機密情報へのサイバー攻撃を阻止したと主張した。イスラエル国防省は、攻撃は「リアルタイムで」防御され、コンピュータシステムへの「危害や混乱」はなかったと述べた。ニューヨーク・タイムズが報じた。

吉田拓史
無料会員 公開

米陸軍、階層的強化学習でドローン兵器群の自律性を向上

米陸軍のジェミン・ジョージ博士と彼の同僚は、階層的強化学習(HRL)を使用して、エージェントの大規模な群れをグループとして制御する方法を開発した。ドローンの制御を中央集権的なアプローチから階層的な設計に移行することで、ソフトウェアの学習時間が80%削減されたという。