自動車

吉田拓史
無料会員 公開

駐米中国大使、EV供給網から自国を切り離す動きに警鐘を鳴らす

中国の駐米大使は、デトロイト自動車ショーへの訪問を機に、世界2大経済大国の「絡み合った」利益を強調し、中国を切り離そうとする潜在的リスクに対して警告を発した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

新CEOに託されたVWの深刻なソフトウェア品質問題

ヘルベルト・ディースは、テスラの技術力に匹敵するソフトウェアを提供しようと目論んだ。実態は、恐ろしく見劣りするソフトウェアの山だった。新CEOのオリバー・ブルーメはこの難題を解決しないといけない。

吉田拓史
無料会員 公開

EV各社、中国市場のボリュームゾーンのミドル帯に照準

中国では、EVは市場の底辺でも上位でも優秀な成績を収めている。新モデル、充電範囲の拡大、共有モビリティフリートによって、中間セグメントでのEV人気は高まるだろうが、浸透するには少し時間がかかるかもしれない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

加州、ガソリン車販売禁止に関する詳細を決定

カリフォルニア州は、規制当局が木曜日に承認する予定の規則に基づいて、2035年までにほぼ全ての新車のガスエンジン車の販売を段階的に停止する構えだ。この動きは、他の州が追随すれば、全国的に電気自動車(EV)への移行を劇的に加速させる可能性がある。

吉田拓史
無料会員 公開

中国EVを牽引するBYDの世界戦略

電気自動車(EV)と電池の双方を手掛ける比亜迪汽車(BYD)は中国のEV世界戦略の先端に位置する企業だ。テスラと同様、垂直統合の事業形態を追求するBYDは次世代の覇者となるか。

編集部
無料会員 公開

上海汽車集団がロボタクシー事業に参入 傘下企業が200億円調達

中国国営自動車メーカーの上海汽車集団の傘下で、商用ロボタクシー・サービスの開始を目指すSAIC Mobilityが、10億元(約200億円)を調達した。中国の自律走行車企業のMomentaと提携して運営する中国でのロボタクシー・サービスの規模を拡大するために使用される。

吉田拓史
無料会員 公開

加州、テスラがオートパイロットとFSDについて虚偽の主張をしていると告発

米カリフォルニア州車両管理局(DMV)は、Los Angeles Timesが先に報じたように、TeslaがAutopilotとFull Self-Driving(FSD)機能について虚偽の宣伝をしていると訴えた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ポルシェIPO、ソフトウェア修正…VW新CEOに立ちふさがる難問

Porsche IPO、ソフトウェア修正と数々の難問がVWの新CEOを待ち受けている。オリバー・ブルーメ新CEOはポルシェの記録的な欧州上場に挑むことになり、米国での事業拡大、中国での地位向上は困難な課題となるだろう。

吉田拓史
無料会員 公開

「自動車業界の人間ではソフトウェア開発を指揮できない」 VW CEOの更迭理由

フォルクスワーゲン(VW) のCEOの退任は「自動車業界の人間ではソフトウェア開発を指揮できない」という多くの自動車会社が抱える課題を浮き彫りにするものだ。ソフトウェア化は一朝一夕で成就するはずもなく、テスラに追いつくまでにはかなり時間を要するのかもしれない。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

「ドイツ株式会社」はロシアのガスショックに対応できるか?

編集部
無料会員 公開

Apple Carの産みの苦しみはいつまで続く?

Appleの自動車プロジェクトは秘密のベールで隠されているものの、その悪戦苦闘は数々の報道で確認されてきた。最新の報道は、自社製ソフトウェアで駆動する自律走行車が、山積する課題によって悩まされ続けることを明らかにした。

吉田拓史
無料会員 公開

テスラがしれっとLiDARを装着する日が近い?

テスラが自律走行車において掲げるカメラのみの手法を改めるタイミングが近いかもしれない。方針を主導してきた研究者の退職で、かつて「松葉杖」と揶揄されたLiDARがテスラ車に載る可能性がこれまでになく高まっている。